スポンサードリンク
   


心療内科と精神科の違い―うつ病ならどちらへ行けばいい?


うつ病かと思ったら、
まず病院に行かれる方が大半だと思います。

しかし、どの病院に行けばいいか、
どの科を受診すればいいのかご存知でしょうか?

大抵の方は心療内科の病院を
受診されるとと思います。


その理由として、
心療内科のクリニックが大変多いこと
が挙げられます。

精神科を標榜するクリニックは
あまり見かけません。


ところで、
心療内科と精神科の違いはご存知でしょうか?


心療内科=精神科というイメージが
結構定着していますが本来は違う科です。


精神科とは、本来はうつ病や躁うつ病、
統合失調症など精神病を治療するのが目的の科です。

精神病、つまり脳の病気を
治療する科が精神科と言うことになります。


その一方で心療内科とは、
「心」という字と「内科」という字が
入っています。

心の問題、つまりストレスに起因する
内科的な病気を治療することを目的とした科が
心療内科と言うことになります。


具体的には心因性の頭痛、胃潰瘍、
喘息といった心身症、
それからストレスによって生じた抑うつ状態、
パニック障害などが診療科目として入ります。


しかし、現場としてはそれほど大きな違いはなく、
心療内科でも統合失調症や躁うつ病などの
精神病を見ることもあります。


ちなみに、心療内科が増えた背景として、
まず精神科よりも敷居が低く
気軽に受診がしやすいこと、

またそのために患者さんの数が増え、
収益が増えやすいことが挙げられます。


そのため、精神科のみならず、
内科の医師までもが心療内科を標榜して
クリニックを立ち上げるケースが多々あります。


ここで、問題となるのは
精神科の訓練を受けた医師が
うつ病などの病気を受診に来られた場合は
適切な薬物療法を行えることに対して、

内科の医師の場合では
すぐに薬を増量してしまって
多剤大量処方に陥ってしまうケースが多いということです。


心療内科へ行って、
急に理由も説明せずにたくさんの薬を
処方しようとする医師、
もしくは初めてなのに話をあまり聞かずに
大量に処方してしまう医師の場合は、
その病院の通院を考えた方がよいだろうと思います。


上記の背景を踏まえて、
自分に合った主治医を見つけることが大切だと思います。


posted by ショウ at | 主治医との付き合い方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

職場の部下や同僚ができる新型うつの接し方


部下や同僚は上司と
は違った視点で彼らと関わります。

職場のことを省みない彼らを見るにつけ、
距離を取りたくなる気持ち、十分にわかります。

「ちょっと!!何であんな
 タイミングで急に休むの?」
「もう愚痴ばっかりでうんざり」
「一緒に働くのはもう嫌」

ちなみに、男性の場合はまだ彼らと
距離を取って関われる方が多いですが、
女性の場合は「生理的に受け付けない」
という人が多いようです。

中には「同じ職場にいるのも嫌」になって、
休職・退職してしまう人もいるぐらいです。


管理職の方の気苦労、ご察しします。

私はもしそうした人たちと
関わりたくないのであれば、
極力関わらないようにしても
良いのではないかと思います。

ただ、仕事に必要なコミュニケーションまで
しないわけには行けません。


できれば仕事に最低限の
コミュニケーションだけは行ってください。

笑顔かどうかは別にかまわないと思います。

笑顔で関わられると、逆にこちらのストレスに
気づかないタイプもいますし、
無表情だと逆に傷ついてしまうタイプもいます。

そのため、どちらが良いかは一概には言えません。

ただ、一番大切なのは
「今何をしないといけないのか」を
しっかりと彼らに伝わるように接することです。


「働く時間」か「雑談する時間」が
わからないようだと、
彼らは「雑談」の方に流れてしまい、
仕事に支障が出てしまい、
他の同僚に尻拭いが及んでしまうこともあります。

そして彼らがやるべき仕事を
「気軽に引き受けない」ことです。


彼らが「手伝って」と言われれば別ですが、
大変そうだからとこちらから
「やろうか」と言わない方が良いです。

これも相手の性格や経歴や立場によって
一概には言えませんが、できれば
彼らがやるべき仕事を最後までやり切れることが大切です。

新型うつの方は今の状況で
一つ一つ成長していくことで、
職場でできることが
増えていくことで改善していきます


それを職場のスタッフ全員でフォローし合う、
支え合うということが大切です。

そうした雰囲気を上司が提供できると
いいのだろうと思います。

生理的に受け付けないのであれば、
無理に関わらなくても良いと思いますが、
上記を踏まえて関わって行けたらと思います。


posted by ショウ at | 新型うつ病の治し方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

うつに効く食べ物―豆乳でセロトニンアップ・入眠効果も


「うつ病で困っている。
何を食べたらいいですか?」

こう聞かれたら、
私は間違いなく豆乳をお勧めします。


豆乳にはセロトニンの材料となる
トリプトファンが豊富に含まれています。

若干独特の癖がありますが、
工夫次第でいくらでも飲めると思います。


例えば、ジュースです。

ミキサーがあれば、
豆乳にバナナとゴマを混ぜてみましょう。

バナナにもトリプトファンが豊富ですし、
ゴマにはセロトニンを作るための
ビタミンB群やミネラルが含まれています。


うつがしんどい時はどうしても食欲がわきませんし、
忙しい生活でなかなか食べ物を
作る時間が持てないこともあります。

そういう時にミキサーに
バナナとゴマ、豆乳、そして蜂蜜を入れてみましょう。

簡単に豆乳バナナゴマジュースが作れます。

まあ、目安としては

1人分で
 豆乳  150ml
 バナナ 1/2本
 ゴマ  大さじ1杯
 蜂蜜  適量

です。

とろりとした口当たりで
いくらでも飲めそうな味です。

良かったらぜひ一度ご賞味ください。

また、作る時間がない人は
豆乳とビタミンとミネラルのサプリメントを
服用するのもいいかもしれません。


集中力も出て、お勧めです。

☆おすすめ情報です
うつ バナナ セロトニン
うつ 不眠 アロマ
うつ 休職 カウンセリング

うつ 改善 過ごし方

うつ 栄養 インスタント
posted by ショウ at | うつ病と食事療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

上司ができる新型うつの対応・接し方


以前、新型うつは
カウンセリングが有効であると話しました。

新型うつは必ず治る!
―薬物療法よりもカウンセリングが効果的


新型うつの方は
叱責や助言・アドバイスはなかなか入りません。

彼らの関わり方で必要なのは、
何と言っても話を聴いていくこと、
彼らの思いをしっかりと聴き続けることです。


当然、「そんなの常識だろ、バカヤロー」と
言いたくなるようなことも言うと思います。

そこで叱責するのではなく、できれば

「会社としてこうしていかないみんなが困る」
「こういう風にして行ってほしいができるか?」


と言うような対応が大切です。

上司の思いと彼らの思いを
しっかりと話し合うような関わり合いをしてください。

そして、会社として職場として、
無理だと思うこともあります。

その時は、はっきりと「無理だ」ということ、
そしてその理由を伝えてください。

一番やってはいけないのは
「まあ、できるかもしれない…かなあ」
と曖昧に答えることです。



すると彼らは「無理をすれば通るかも…」
と変な期待を持つようになります。


会社の目標は何でしょうか?

恐らく日々の業務が滞りなく
毎日進んで行くこと、またそれによって
会社の利益を伸ばしていくことだろうと思います。


できれば、彼らが会社の利益に
つながるように働けた方が良いはずです。

そのことを念頭に置いて、
粘り強く部下と話し続けること、
関わりを持つこと、難しい場合であれば
周りに相談して会社としての措置を考えていくことです。

そして、できれば聴いてみるといいかもしれません。

「これが難しいようだったら、
周りがどう手伝えばできそうになる?」

部下の意見をしっかりと聴いていくことです。

その上で、彼らの思いと職場を代表として
上司の思いをお互いに話し合って
いくことが大切だと思います。


そして、一番重要なこととして「何を優先するか」、
優先順位をしっかりと見定めてほしいと思います。

その上で、彼らが成長することで
会社の利益につながり、それを支えることが
優先順位に入るような関わりを
して頂きたいとカウンセラーの視点から思っています。


posted by ショウ at | 新型うつ病の治し方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昼夜逆転型うつ、冬季うつに効果の高い高照度光療法


光療法というのを御存じでしょうか?

光療法は太陽光と同じくらいの光を
あたえることにより体内時計を整えることで
生体リズムを改善する治療法です。別

名、高照度光療法とも呼ばれています。

睡眠障害やうつ病にも効果があると言われています。


うつ病は雪国に多く、
暖かい地方の国ではうつはあまり見かけません。

これは一つは日照時間と関係があると言われています。

私たちの身体は実は1日25時間で
リズムを取るようにできています

(このリズムを
サーカディアンリズムと呼んでいます)

そのため、人間の生活リズムと
一日のリズムは本来ズレてしまうのです。

そのズレを修正するのが太陽の光、日光です。

太陽の光を目から体内に取り入れてた時に
生活リズムが修正されるように
私たちの身体はできています。

朝起きた時、
まずは太陽の光を浴びることをお勧めします。

となると日光を浴びる機会が
少なければその分私たちの生体リズムは
崩れやすいということになります。

また日光は私たちの身体の状態を作るのにも
大きな影響を与えています。

例えば、日光に含まれる紫外線は
副腎の働きを活性化させ
私たちの集中力の低下や筋力の低下を防ぎます。


またセロトニンは太陽の光によって
分泌量が増えます。

逆に言えば、太陽の光に接することが
少なくなればなるほど、
セロトニンの分泌は減っていきます。

そのため、うつ病の治療に
太陽の光は欠かせないものなのです。

昼夜逆転の生活をしている人、
また、冬になるとうつっぽくなってしまう人は、
積極的に太陽の光を浴びることをお勧めします。

↓下の機材は冬季うつに効果抜群の
高照度光療法機器です。

忙しくて日中に外に出歩けない人、
紫外線が気になる人、
太陽の光がなかなか目にすることが
できないところに住んでいる方にお勧めです。




posted by ショウ at | その他のうつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


オススメのコスメ