スポンサードリンク
   


カウンセリングの上手な断り方


今回、カウンセラーとして
まず絶対に言わないことを言います。

それは「カウンセリングの上手な断り方」です。

カウンセリング 断り方

うつ病の方は心優しい方が多いです。

心理的な問題から発症する方は、
人の気持ちをしっかり汲もうとされたり、
相手の気持ちに応えないといけないと
思ってらっしゃる方が多いのです。


(だからこそ、うつ病になるまで
頑張ってしまうのですが)

また、そういう人に限らず、
うつ病になっている方は、

人の気持ちや思いに敏感に
なっている方が大変多いのです。

それでいろんな人の思いに振り回されて、
混乱するので、人込みが
苦手になってくるような方もいます。


そんな心優しいうつ病の方が
カウンセリングを受ける時、

「このカウンセラー嫌だなあ」と思っても

そんなことはなかなか言えないものです。

もし「嫌です」と言って、

カウンセラーが「どうして嫌と思ったの?」と

返されると、どう答えていいかわからず
固まってしまいます。


それで次は予約はとるものの、
ドタキャンしてしまって、心の中で

「ああ、自分はなんて失礼なことをしたんだ」

とさらに自己嫌悪になります。


私はクライエントは
カウンセリング受ける権利も、
断る権利もあると思っています



なので、クライエントが
カウンセラーをイヤだと思うのは当然の権利です。


一番いいのは、

「今回で良くなりました。ありがとうございます。」
「ここまで話せて今は自分の足で歩けそうです、
ちょっと自分で考えてみたいと思います。」と

カウンセラーにお礼を伝えましょう。

それで「また何かあったら連絡しますね。」

と伝えて、そのまま帰るのです。


あなたが「無理」と思った瞬間、
このカウンセラーで治るのは難しいでしょう。

自分に合ったカウンセラーを探せばいいだけです。

何も無理して続けたり、
心が折れてドタキャンして自分を責める必要はありません。


ただ、気持ちよく、
円満に終わった方が良いと思うので

しっかりと(嘘でも)お礼は伝えて、
「また連絡する」と言えば、

大抵のカウンセラーは「わかりました」と言うでしょう。


それでも強引にあなたが
納得できないやり方で、
嫌なのを否定するかのように
続けさせるのであれば、
そこのカウンセリングはやめるべきだと思います。


あなたが「このカウンセラーは嫌だ」
「もうやめたい」と感じているのに、

それに気づけないカウンセラーは
同業者としていかがなものかと思うのです。


このブログを読んでいる方が
心から良いカウンセラーとであることを祈っています。

posted by ショウ at | うつ病とカウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

うつ病が「治った」はどこで判断するのか?


医師はどこで患者が「治った」と
判断しているのでしょうか?

うつ病は少なくて
3か月から半年ほどかけて
治療されると言われています。

しかし、中には何年も薬を
ずっと服用し続けている人もいます。

うつ病が「治った」という一方で、
「うつ病とは一緒付き合っていくもの」と
半ばあきらめている人もいます。


まず、ここでいう
「うつ病が治る」とはどういうことかを
考えることが大切です。


うつ病というのは、
実は病気のことを指すのではありません。


脳の機能の異常による落ち込みや、
不眠、食欲低下、イライラ、焦り、不安などの
様々な症状のことをまとめて
「うつ病」と指しているに過ぎません。

その症状を、薬物によって
正常に戻していくことが
うつ病の薬物療法の治療です。


そのため、薬物を使って
まずは脳を安定させ、
安定した後に薬物を減らし、
そして薬が全く必要となくなった状態に
なったことで初めて「治療終結」、
つまり「治った」と判断されます。

逆に言えば、
薬が必要な状態が
続いている場合は
「治った」とは言えないのです。


結論を言えば
「薬を飲むことなく、
正常に日常生活が送れる状態」が
うつ病が「治った」状態であると言えます。

うつ病の薬物療法は実際にどのように行われるか

まあ、正確に言えば
「治った」状態ではなく、
「寛解」と呼ばれるものですが、
またこの違いについては
後日お話しできればと思います。

追記:「寛解」と「治癒」の違い

「うつ病が治った」かどうかは
薬がなくてもいつもと変わらず過ごせるかどうか。

まずはこれを基準として
日々に治療を受けられたらと思います。

また、調子が良くなったら
医師と薬を減らしていくことを
話し合うようにすることも大切です。

お勧め情報
うつ バナナ セロトニン
うつ 不眠 アロマ
うつ 休職 カウンセリング

うつ 改善 過ごし方

うつ 栄養 インスタント

posted by ショウ at | うつ病の診察・治療の流れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サバ缶はうつ病に効くのか?


最近、
サバ缶ダイエット
というのが流行っています。

サバ缶に含まれている
EAP(エイコサペンタエン酸)が
痩せるホルモンである
GLP−1というホルモンを分泌し、
それによって血糖値が下がり、
ダイエット効果が生まれるというものです。

サバ うつ病に効く

実は、これはうつ病の治療にも
有効ではないかと思います。

まず血糖値の急上昇を抑えるということは、
低血糖状態を防ぐということにつながり、
低血糖から生じるうつ状態の予防につながります。


低血糖から生じるうつ病

またEPAは魚油で、
魚油に含まれる脂質は
オメガ3脂肪酸と呼ばれます。

これは脳内のシナプスを
作るための材料となります。


つまり脳内を活性化させるために
必要な栄養素となるのです。

そのため、EAPはうつ状態で
「集中できない、やる気が起こらない、
注意が鈍感になった、頭の回転が鈍った」
という症状に対して、
効果のある栄養素だということになります。


そのため、サバ缶を食べること、
もっと正確に言えば青魚を食べる
というのはうつ病にとって
かなり効果が高いといえます。

実際に欧米では、
魚油はうつ病の食事療法でも使われたり、
EPAのサプリメントを処方する医師もいるぐらいです。

ただ、注意点があります。

サバ缶はカロリーが非常に高いため、
毎日食べ続けると確実に肥満になってしまいます。


大体、週に3回くらい食べる程度で、
食べ過ぎないようにした方が良いでしょう。

それよりも青魚の塩焼きや煮物などを
積極的に食べた方が良いかもしれません。

posted by ショウ at | うつ病と食事療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

うつ病を治すための良いカウンセラーの選び方


私はうつ病の大半は
カウンセリングで治るだろうと思います。


それだけ、
私たちが抱えているストレスや行き詰まり、
失敗体験というのはうつ病に大きく影響しています。


ただ、どんなカウンセラーを選べばいいかは
慎重になった方が良いでしょう。

良いカウンセラーに出会えば、
それだけでうつ病は良くなることもあります。

しかし、悪いカウンセラーに出会えば、
良くならないばかりか却って悪化したり、
症状がひどくなることさえあります。


例えば、信頼できないカウンセラーに
ずっとカウンセリングを受ける必要はありません。

あなたがお金を払っているのであれば尚更です。


これは雰囲気で決まるところが大きいと思います。

「何でも話して」とクライエントに
話をさせることを強要するカウンセラーは
私はやめた方が良いと思います。


また、

「これって昔の親子関係が原因ですか?」
と言ったら

「ほらほら、また過去のせいにしたね。
そんなんでよくなれると思っているの?」

とあなたの話を批判するようなカウンセラーもダメです。


さらに、あなたが受け入れたくないことを、
「ほら逃げないで」と
ずっとお説教するカウンセラーもいます。


あとは、話したくないことを
無理やり話させるカウンセラーもNGです。

親子関係ではなくて、
うつの治し方や今の状況を話したいのに、
とにかく親子関係に
話を持って行きたがるカウンセラーもいます。

もし、初回のカウンセリングで
こんな印象を持ったカウンセラーは
やめた方が良いでしょう。

頑張ってずっと行き続けて
何かしら成果がでることもありますが、
もしあなたが初回でカウンセラーに
嫌悪感を感じたのであれば、
辞めた方が良いでしょう。


これはその時のあなたの感じで
決めてもいいかもしれません。




posted by ショウ at | うつ病とカウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

うつ病には糖質制限ダイエットのレシピが有効


うつ病と肥満との関係は、
低血糖の観点から
非常に高いと言われています。

そのため、
うつ病を治したいのであれば、
砂糖や糖質をなるべく除去した食事を
取ることをお勧めします。

甘いお菓子や菓子パン、
インスタントラーメンは
食べない方が良いです。

特に太っている人や
代謝障害のある人は
なるべく食べないように
した方が良いです。


その代わりに
お肉や野菜、豆類などを食べるといいでしょう。

うつ病 糖質制限 レシピ

専門家によっては、
果物は果糖が含まれているため
なるべ摂取しないようにという人もいますが、
果物に含まれているビタミンは
ぜひとも摂取しておきたい物。


そのため、私はヨーグルトと混ぜたり、
豆乳と一緒にミキサーにかけて
ジュースにしたり、
デザートとして食後に食べる等の工夫をお勧めします。



また白米やパンの代わりに
玄米やライ麦パン、全粒粉入りのパンを
取ることをお勧めします。

これらは血糖値が上がりにくい
低GI値食品と呼ばれるものです。

そのため、血糖値の上昇も緩やかで、
その分脳が不安定にはなりにくくなります。

後は漬物はいいですね。

生野菜なので、生きた酵素も摂取しますし、
ビタミンも豊富です。

また青魚に含まれている
魚油はニューロンを生成し、
脳内の神経ネットワークを
円滑にする作用があります。

(ちなみに、ニューロンは
脂質[コレステロール]から作られています)。

また、マーガリンやマヨネーズに
含まれているトランス脂肪酸は
ニューロンの働きを悪くさせるので
摂らないようにするのが吉です。


もし摂るのであれば、
バターやオリーブオイル、
フラックスオイル亜麻仁油を使った
ドレッシングを用いた方が良いでしょう。

日々の食生活を気をつけて、
うつ病を改善していきましょう。






↑医師の中には、肉食中心の食生活を取ることで、うつ病に効果があると説明しています。
荒木先生の断糖食レシピは糖質制限ダイエットのレシピですが、同時にうつ病にも効く栄養も入っています。
うつ病で太っている人は、ぜひこの方法を試していただければと思います。


posted by ショウ at | うつ病と低血糖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


オススメのコスメ