スポンサードリンク
   


傷病手当とは―うつ病の方がお金を心配せずに療養するために


うつ病の方で重たい場合は、
当然休職して療養する必要があります。

その場合、どうしても問題となるのは
休職中の収入」です。

大企業であれば、休職中も2年間くらいは
収入をくれるところもあります。

公務員でも休職中の収入の
確保はしてくれますし、休職中にも
関わらず全額給料を支給してくれる会社もあります。

しかし、中小の企業や有給も
なかなか使えないような会社ですと、
上記のような待遇や福利厚生は期待できません。

休職中は給料の支給ができない会社は結構多いです。

そういう時に役立つのは
傷病手当」という制度です。

これは健康保険・社会保険から支給される手当てで、

「病気のために働けず、
療養のための休職が必要である」


と主治医が認めた場合に限り、
1日の給料の2/3の額がもらえるという制度です。

まあ、「全額はもらえないけれど、
それで生活を保証するから、
ゆっくりと療養してください」

という意味のお金です。

ちなみにもらえる期間は1年半です。

手続きとしては主治医が
「休職が必要」と判断した診断書を作成し、
それで休職が通れば、健康組合や事務所から
「傷病手当金の申請のための書類」
をもらいます。

それを病院に持って行って、主治医が記入し、
それをまた会社の方に持って生きます。

(この辺りは会社で異なるため、
会社の上司や組合に
聴いてみた方が良いでしょう)

ちなみに記入してもらうのに
必要なお金は3割負担で300円ほどです。

また診断書や申請書類は、
休職が延長するたびに会社に
提出する必要があるため、
長引けば毎月主治医に
書いてもらって提出する必要があります。


ただ、傷病手当の申請には
いくつか条件があり、
人によっては貰えない場合もあります。

例えば、専業主婦の場合は
被扶養者に入るため、もらえません。

しかし、状況によっては
もらえる可能性もあります。

また、退職日に出勤してしまうと、
傷病手当がもらえなくなることもあります。

この辺りは
下記の情報商材に詳しく書かれています。

良かったら一度ご覧になっては
いかがかと思います。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

傷病手当金受給マニュアル 〜うつ病でもお金の心配をしないで会社を退職して療養生活を送る方法〜


薬を飲まずにうつを治す 精神科医 宮島賢也の自己メンタルセラピー講座
posted by ショウ at | 傷病手当・失業保険・補助など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


オススメのコスメ