スポンサードリンク
   


不眠症はカウンセリングで改善できる―ストレスや悩みで眠れない方に


夜、なかなか眠れない方、寝付けない方で、
カウンセリングを受けることで
「最近、寝つきが良くなった」
という人は結構おられます。

このブログでは、
不眠には栄養面やリラクゼーションが
有効と書いてきましたが、
それでも不眠がなかなか改善しない方がいます。

その理由として2つほど挙げられます。

一つは日常生活が不規則になってしまって
不眠になっている場合。

これは日常生活を改善していくことで
治していくことは可能です。


もう一つは心理的なストレスに起因する場合。

ストレスと言っても仕事のプレッシャーや不安、
人間関係などいろいろあります。

日常生活のストレスがかなり強く、
それで眠れなくなる人がいます。

ストレスは交感神経を優位にしてしまいます。

そのために、夜リラックスできなくて、
眠れなくなるのです。

こういう方がカウンセリングを受けることで
ストレスが少なくなることによって、
寝つきが良くなるケースは結構あります。

また、頭の中がグルグルしすぎてしまい、
考えがまとまらないタイプの人も
カウンセリングは効果的です。

なぜなら、カウンセリングを受けることで
考えが整理されていきます。

整理されるということは
自ずとリラックスできるということにつながります。

そのため、寝つきが良くなるのです。

もし、日常のストレスが強いために、
またそれらによって頭の中がグルグルして
整理ができないと思っている方は、
心療内科へ行く前にカウンセリングを
訪れることをお勧めします。


安易に薬に頼るよりも
いいのではないかと思います。

もちろん、精神医学に詳しい
カウンセラーを訪ねた方が良いでしょう。

ただ、カウンセリングの目的は
うつや不眠を治すことではありません。

直接不眠を治したいのであれば、
行動療法やリラクゼーションを実践した方が良いです。

カウンセリングは不眠を治すのではなく、
ストレスを柔軟に受け止める、処理できるように
していくことが目的です。

その結果、不眠が治っていきます。

この辺りを間違いないようにしていただけると
カウンセリングはかなり効果的だろうと思います。

↓ストレスで悩んでいる方、
お勧めの情報商材です。

「こうすればストレスがなくなるんだ」
という情報がたくさん書かれています。


ストレス社会を生きる知恵

posted by ショウ at | 不眠を改善するために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

寝る前のお酒は止めた方が良い―アルコールは快眠を阻害する


お酒を飲むと酔いが回って眠たくなります。

そのため、寝つきを良くするために一杯飲んで、
寝ようとする方もいると思います。

特にストレスが溜まっているとき、
嫌なことが続いているときなど、
どうしても飲まないと寝られない
という状況もあるでしょう。

「夜の晩酌が一番の楽しみだ」
という人もいるので、
それによって一日の活力を得ている人は、
どうぞ続けてもいいと思います。


ただ、寝酒は寝つきは良くするものの、
質の高い睡眠を保証するものではありません。


質の高い睡眠とは、朝を早めに起きて

「あー良く寝た。頭もすっきりするし、
今日も頑張ろうか」

と言える睡眠です。

要するに熟睡して体にエネルギーが
湧いている状態で目が覚めるような睡眠です。


子どもの頃の目がパチッと覚めるような
あの感覚をイメージするとわかりやすいかもしれません。

残念ながら、アルコールや睡眠薬で
このような質の高い睡眠を得ることは
まあ難しいでしょう。

例えば、友人や職場の同僚と
飲み過ぎてしまって、家に帰ると
ばたっと泥のように眠ったという経験を
持った方はおられると思います。

しかし、それで朝方スッキリと
早朝に目が覚めるかといえば、
そういうわけではありませんよね。

少し体がだるかったり、
ぼーっとしたり、
ひどい時には二日酔いで
最悪の朝を送る人もいます。


アルコールは脳を麻痺させて、
身体中の血液の流れを阻害してしまうため、
新陳代謝が悪くなります。


そのため、朝も熟睡したような感じがなく、
「だるさ」が残った状態で一日が始まってしまいます。

また、アルコールを分解するために
ビタミンBやミネラル、酵素など、
多くのセロトニンを作るための
材料を消費してしまいます。

その結果、朝方になってうつっぽく
なってしまう人もいますし、
うつ病の人が寝酒をすると、
うつ病が悪化してしまうこともあります。

そのため、お付き合いで
飲むくらいならいいですが、
毎日の寝酒は控えた方がいいだろうと思います。

特にうつ病の人はお酒を飲むよりも、
普段の生活に気を付けて、
質の高い睡眠が得られるように
していくことが大切です。


質の高い睡眠は、運動や食事、
日光浴、寝る前のストレッチなどが効果的です。

また、下記の情報商材は
毎日の質の高い睡眠を得るために、
有益な情報が満載です。

アルコールや睡眠薬がないと寝られない方、
熟睡感がなかなか持てない方、
寝付くまで時間のかかる方はぜひ試してみてください。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

質の高い眠りのためのハウツーガイド

ただ、眠れるだけでは、
不眠症が克服したとは言えません。

やはり質の高い睡眠を確保して
いくことが大切だと思います。

質の高い睡眠は新陳代謝を促進させ、
身体をゆっくりと休めることで、
明日に備える力を十分に作ることができます。

それが現状を打破する
エネルギーにつながっていきます。

ストレスで寝れない方、
うつ病の方はできるだけ、
質の高い睡眠が持てるように
工夫してみることが大切です。


質の高い睡眠を確保したい方はこちらをクリック

posted by ショウ at | 不眠を改善するために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なかなか寝付けず困っている方へ―睡眠薬ではなく、サプリやアロマ、音楽で熟睡しよう


休日は寝れるのに、平日になると、なかなか寝つけられず、困っていながら携帯かPCの画面とにらめっこして、気づいたら1時を回っているという方も多いのではないかと思います。
休日明けになると途端に
寝られなくなる人は結構多いものです。

理由はいろいろと考えられるのですが、

一つは仕事のことをいろいろと
考えすぎてしまい、身体が緊張して
しまうことが挙げられます。

緊張はとにかく不眠の大敵です。

なぜなら緊張状態は交感神経が
優位に働いています。

交感神経の作用は覚醒です。

そのため、この神経が優位に
なればなるほど、入眠から
遠ざかってしまいます。

そのため、とにかく身体を
リラックスさせることがこの場合大切です。

リラックス状態を作ることで
副交感神経を優位にさせ、
入眠を促しやすくさせます。

リラクゼーションについては
次の記事をご覧に頂ければと思います。

寝つきを良くするストレッチのポイント―寝る前のストレッチ体操で快眠を

呼吸法を使うことでリラクゼーション効果アップで熟眠!!

不眠に効果抜群の筋弛緩法のやり方とポイント

自律訓練法のやり方を習得して快適な眠りを得よう

これらの他にはサプリメントやアロマ、
入眠用CDなどが効果的です。

サプリメントは基本、
以下のものをお勧めしています。



↑楽天で14か月1位を取得した
安心のサプリメントです。

睡眠作用を促すメラトニンの
サプリメントです。



↑リラクミンナイトはメラトニンの
材料であるトリプトファンを始め、
GABAも豊富に含まれたサプリメントです。

リラックスした状態で眠りにつけます。

アロマは主にラベンダーやスイートオレンジ、
ベルガモット、イランイランなど、
リラクゼーション効果の高いものがお勧めです。

逆にレモンやペパーミントは覚醒効果があるため、
寝付けなくなってしまいます。



↑睡眠用にブレンドされた
アロマオイルもあります。

ただ、個人差もありますが、
非常にアロマが効きやすい人は
平日に使うと寝坊してしまうことがあるため、
あまり使わない方が良いかもしれません。

私は効きが良すぎるため、
寝坊してしまうことが何度かありました。



音楽は有名なヘミシンクの
スーパースリープがお勧めです。

ただ、効きが良過ぎるので、
人によっては寝坊になってしまうことも。

緊張しいでなかなか眠れない人にとって
ちょうどいいかと思います。

ちなみに、緊張しいの妻も愛用しています。

これらは自然のものを使っているため、
薬と違って人体に悪影響を及ぼすことは
ほとんどありませんし、癖になることは
あっても依存することもありません。

posted by ショウ at | 不眠を改善するために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自律訓練法のやり方を習得して快適な眠りを得よう


シュルツという精神科医が
開発したリラクゼーションの技法が
自律訓練法」です。

これは行動療法などの
心理療法の分野で使われていて、
恐怖症、不安神経症などの治療に
使われてきました。

特に対人恐怖症やパニック障害に
大きな効果を上げていると言われています。

自律神経は簡単に言えば、自己催眠を使って
自律神経からリラックス状態を作ろうというものです

そのため、今まで紹介してきた
リラクゼーション法
(ストレッチ法、呼吸法、筋弛緩法)とは
比べ物にならないリラックス効果があります。

また、自律神経に作用するため、
寝つきを良くし熟眠感を
持つことができるようになります。

これは私事ですが、実は私の妻は
緊張しやすい性格のため、何かあると
なかなか寝られないタイプなのですが、
私が自律訓練法を促すと信じられないくらい
熟睡できるようになりました。

仕事の疲れも取れるように
なったとのことです。

それくらい効果があります。

それでは自律訓練法のやり方を
実際にしてみましょう。

ただ、始める前にいくつかの準備が必要です。

静かな部屋であることが大切です。

騒がしかったりすると
なかなか集中できません。

そして・・・
(1) ベッドに仰向けに寝ます。
 (椅子に座ってもOKです)

(2) 軽く目を閉じて、
  体の力を抜きましょう。

(3) 力を抜きながら、
 「私は気持ちがとても落ち着いている」
 
  と頭の中でつぶやきましょう。

  ここで呼吸をを取り入れて
  いいかもしれません。

  ほら、徐々に体の力が
  抜けてくるのが感じてきます。
 
  (これが基礎公式です)

そして、

次の公式を頭の中でつぶやきながら、
徐々にその通りに体がなっていっているのを
イメージして感じてみてください。

焦って何とかしようとは思わないこと。

ゆっくりと徐々に
「あ、こんな感じかな?」と
自分の体に起こった感覚を
感じ取るようにイメージしてみましょう。

(これを受動的注意手中と呼びます)

自律訓練法は次の7つの公式を
順番に行うことで習得していきます。

基礎公式:
 「私は気持ちがとても落ち着いている」

第1公式: 
  手足の重感:「手足が重たい」

第2公式:
  手足の温感:「手足が温かい」

第3公式:
 「心臓が静かに打っている」

第4公式:
 「呼吸が楽にできる」

第5公式:
 「お腹が温かい」

第6公式:
 「額が涼しい」


まずは第1公式から。

利き腕だけから始めると良いと思います。

右腕→左腕→両腕→
右足→左足→両足→
両手両足の順番で

1つずつやっていくと
スムーズにできるでしょう。

ちなみにこの場合の重たいですが、
私たちが普段言っている
「重たい」とは少しニュアンスが異なります。

手が重たくなるのではなく、
手の筋肉の力が抜けていって、
手がだらんと重力に
引っ張られているような感じです。

力が抜けて下に吸い付いていると
いう感じがここでいう「重たい」です。

それができてくると、
今度は第2公式である
「手足が温かい」に進みましょう。

これの第1公式と同様、
利き腕から順番に始めると良いと思います。

慣れてきたら両手両足同時に
できるようになると思います。

この場合の温かいというのは
無駄な筋肉のこわばりがなくなって、
血流がスムーズにめぐるようになって
末端の手足まで「ほんのり」と
温かくなってくるような感じです。

最初はこの第2公式までを
目標に練習していただけると
良いかと思います。

これだけできれば寝つきもよくなり、
十分に熟睡できるようになると思います。

ただ、自律訓練法は一回やって
できるものではなく、毎日練習を重ねて
習得していく類のリラクゼーション法です。

なので、最初はなかなか実感が
つかめないかもしれませんが、
繰り返し練習をしていくうちに
徐々にリラックスの状態が
つかめるようになると思います。

第1公式(2分くらい)〜第2公式(2分くらい)を
1回分として、毎日寝る前に2〜3回ほど
(大体8〜12分)行ううと徐々に効果が出ます。

ただ、独学でするよりも行動療法を
専門とするカウンセラーや医師
(病院に勤務しているカウンセラーは
大抵できると思うので、一度電話で
聞いてみると良いかと思います)
に指導をお願いすると習得も
効果も格段にアップすると思います。

今回は睡眠効果をアップさせることを
目的としたので簡単に紹介しましたが、
自律訓練法はストレスと上手に
付き合うためにも非常に有効な方法ですし、
減薬にも使われることがあります。

なので、自律訓練法については
またどこかで特集を組んでお話したいと思います。

リラクゼーション技法について
紹介してきましたが、いかがでしょうか?

ただ、これらは緊張状態が続いて
眠れない場合に限って有効な方法です。

その他の要因で眠れない場合は
あまり効果がでないかもしれません。

また今後も快眠を誘うための
有効な方法についてお伝えしていきます。



↑自律訓練法を行う場合、
CDで聴きながら行うことで、
受動的注意集中がしやすくなり、
非常に効果的です。

また、落ち着いた声で言われるので、
リラックス効果も倍増するので、
よかったら試してみてください。


↑また、自律訓練法を
本格的に学んでみたい方は、この本を。
posted by ショウ at | 不眠を改善するために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不眠に効果抜群の筋弛緩法のやり方とポイント


筋弛緩法という言葉をご存知でしょうか。

これはジェイコブソンという医師が開発した方法で、
客観的にもリラックス効果が即座に現れる方法です。

この方法を子供たちの授業で試したことがあるのですが、
皆さんかなりリラックスしていて
とても眠たそうにしていました。

そのため緊張して体ががちがちで
寝れない時にかなり有効な方法だと思います。


私たちは緊張すると、身体に力が入ります。

例えば、私たちは頑張らないといけない時に
「力を入れる」という表現をします。

現代人は常に何かをしないといけないと思って、
頑張り過ぎる傾向にあります。

それが続いてしまうと、
夜になっても脳が興奮状態となって筋肉も
緊張状態となってしまいます。

そうなると夜なかなか寝付けなくなります。

睡眠薬というのは、身体を弛緩させて
寝つきを良くする薬ですが、
これと同等の効果をこの筋弛緩法でも
得ることが可能です。


筋弛緩法の仕方はとても簡単です。

身体に力を入れて(5秒ほど)、
そして力を抜くだけです。
(10秒ほどかけて力が抜ける感じを味わう)


いきなり全身の力を抜くのは難しいので、
身体の部位ごとに順番にしていくことで
リラックス状態が得やすくなります。

両手:両手をぎゅーっと握って(5秒)
    →ゆっくり手を広げます(10秒)

両腕:力こぶを作るように腕を曲げ、
   脇を占めて、ぎゅーっと力を入れ(5秒)
    →ストンと抜きます(10秒)

両肩:両肩をグッとあげ、
   耳まで近づけて緊張させて(5秒)
    →ストンと抜きます

首 :首を下げて首の後ろを緊張させて(5秒) 
    →ストンと抜きます(10秒)

背中:腕をグーッと外に広げて
   肩甲骨を引き付けて(5秒)
    →ストンと抜きます(10秒)

お腹:お腹をへこまして、
   お腹に力を入れて(5秒)
    →ストンと抜きます(10秒)

脚 :足をまっすぐに上げて
   力を入れて緊張させて(5秒)
    →ストンと抜きます(10秒)

他にも顔やおしりなどの部分も効果的です。

やり方によっては一定の公式に従って
回数を決めて行う場合もありますが、
私の経験ではそれほどこだわらなくても
リラックス状態は作れるようです。

私が子供に試した時は、

両手→両腕→両肩→首→背中→お腹の順番で

3回ずつ行いました。

時間にして10分もかかりませんでしたが、
それでも十分なリラックス効果は得られていました。

椅子に座っているとき、立っているとき、
布団に入っているときも行うことが可能です。

そして、筋弛緩法の最大のポイントは、
ただ力を抜くのではなく、
力が抜けていっているという感じを
じっくりと味わうことです。


例えば、力を入れて痛かったのが
取れていっている感じ、
苦しかったのが楽になっている感じ、
肩や腕が重たくなっている感じ、

などをゆっくりと10秒くらいかけて
味わうことが大切です。

これがリラックス効果、
寝つきを良くするための最大限のポイントです。

無理にリラックスになろうと
「頑張る」必要ありません。

まずは力が抜けていっている感じを
ゆっくりと味わうことがコツです。

そして、何よりも毎日練習して
続けることが大切です。

毎日続けている内に、
次第にリラックスしている状態を
感じることができるようになります。

それができるにつれて寝つきも良くなります。

次は自律神経からリラックス状態を作り出す
自律訓練法についてお伝えしたいと思います。


↑先ほどの筋弛緩法を
頭で考えるだけでも緊張してしまう人、
なかなか覚えられない人はCDで
「今どこをするのか」を聞きながら
行うのもいいでしょう。

CDの通りにしているうちに
次第に眠たくなってくると思います。

posted by ショウ at | 不眠を改善するために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

呼吸法を使うことでリラクゼーション効果アップで快眠!!


一流のスポーツ選手やアスリートは
呼吸の乱れをかなり意識します。

格闘技でもそうですし、
合気道では呼吸を読んで技をかけます。

逆に呼吸が乱れた瞬間に
技がかからなかったり
パフォーマンスが思い通りにいかなくなります。

それくらい呼吸というのは
私たちの心身のバランスと関係しています。


ひいては集中力やリラックスにも関係してきます。

今回は睡眠を促す呼吸の仕方に
ついてお伝えしたいと思います。

ちなみに私たちは緊張しているときは
交感神経が優位になるため、
呼吸は「早く」「浅く」なります。

逆に言えば、リラックスしている時の呼吸は
「ゆっくり」「深く」なります。


この「ゆっくり」「深く」呼吸を
意識して行うことで、副交感神経が優位になり、
間接的にリラックスする状態を作ることができます。

この場合のコツは
吸った時の倍の時間をかけて
ゆっくりと吐く
」ということです。

ゆっくりと吸うよりも、
ゆっくりと「吐く」ことが大切です。

時間は人によって異なるのですが、

私の場合は・・・

@3秒かけてゆっくりと吸う
A1秒ほど息を止める
B6秒かけてゆっくりと吐く
C1秒ほど息を止める

とういう感じです。

慣れてくると、5秒吸って10秒吐くことも
できるようになります。

@〜Cを3〜5分ほど繰り返しましょう。

徐々に心臓の鼓動がゆっくりしてきて、
身体がじんわりと温かく
なってくるのが感じるはずです。

そして、吸うときに綺麗な空気やオーラを
体に入れるようなイメージを意識してみてください。

息を止めるときには、おへそのあたりで
自分の中の汚れた感情(イライラや落ち込みなど)を
きれいなオーラが混ざり合うように
イメージしてみてください。


さらに、混ざった汚いものが一緒に口から
流れ出ていくようにゆっくりと吐きます。

そして息を止める時には出ていった
感じを味わってみるのです。

これを意識して呼吸するだけで、
数分後には心がスッキリすると思います。

またストレッチ法とも相性抜群です。

ゆっくりとした呼吸を意識しながら
ストレッチをするだけで、
相乗効果でさらに快眠を促すと思います。

ぜひ試してみてください。


posted by ショウ at | 不眠を改善するために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

寝つきを良くするストレッチのポイント―寝る前のストレッチ体操で快適な睡眠を


寝る前にストレッチをするのは、
筋肉の緊張をほぐし、
副交感神経を優位にさせるため、

大変有効なやり方です。

この場合のストレッチの目的は
体を柔らかくすることではありません。

筋肉のコリを解すことと
リックス状態を作ることです。


そのため、思いっきりはせず、
「痛気持ちいい」くらいでゆっくりと
時間をかけて行うことがコツです。

また、ストレッチの意味は
「伸ばす」ということです。

身体全体を伸ばすように行うと効果的です。

ちなみにストレッチをするうえで
一番効果的なポイントはご存知ですか?

それは
太ももの内側肩甲骨の周りです。

太ももの裏側は実は
肩や首筋の筋肉とつながっています。

そのため、足を広げて、太ももの内側を
解すように上半身を前鏡にしたり、
膝を抱えて胸の位置まで引っ張るような
ストレッチは寝つきを良くするためには効果的です。

また肩甲骨は背中や腰、首筋と連動しています。


そのため、肩甲骨を意識して肩を回す、
背伸びをする、腕を引っ張るなどの
ストレッチ運動は不眠や肩こりに非常に効果的です。

肩甲骨を意識して肩や腕を回すだけで
かなりのリラックスを得ることができます。

もちろん、普段スポーツ前にするような
ストレッチも効果がありますが、
上記のポイントを抑えると
非常にリラクゼーションを得ることができます。

次回にお話する呼吸法も取り入れると
より一層効果は上がると思います。


↑精神科医の第一人者でもある神田橋先生が
患者さんが自分の力で心の病気を
治せるようにと書かれた一冊。

特に「自分でできる整体」のところは
慢性頭痛で悩む人や、身体の関節が
歪んでいるために寝れない人に
効果あると思います。

アロマや漢方など民間療法に
ついても書かれています。
posted by ショウ at | 不眠を改善するために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

快眠を促す効果のあるリラクゼーション法


今まで不眠とうつの話をしてきました。

ちなみに医師が高い確率で
睡眠薬を処方するのは、
まず脳を休めないとうつ病が治らない
という見立てに基づくためです。

しかし、睡眠薬には依存など
多くの副作用もあります。

眠れないからといって薬に頼らなくても、
身体の緊張をほぐすことで
眠りを得ることは可能です。

意識的にリラックス状態を作ることで、
快眠を得ることが出来ます。

方法としては
リラクゼーション法を使うことになります。

リラクゼーション法とは
副交感神経の働きを高めることで
リラックス状態を作り、
眠りを促す効果があるもの

ここではご理解いただければと思います。

リラクゼーション法には

@ ストレッチ法

A 呼吸法

B 筋弛緩法

C 自律訓練法

などがあります。

これらは脳が興奮状態にあったり、
身体が緊張していたり、
自律神経が乱れている場合に有効な方法ですが、

それぞれについては
また個別に書いてみたいと思います。



↑ちょっとした工夫で
簡単に眠れる場合もあります。

不眠に悩む方は必見です!!

posted by ショウ at | 不眠を改善するために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

睡眠薬の副作用と服用の際の注意点―依存しないように飲むことが大切


睡眠薬や抗不安薬、
抗うつ剤は非常に依存性が高いです。

医師の指導の上でも、
本当に気を付けても、
依存してしまう人はいます。

睡眠薬のほとんどは
デパス、レンドルミン、ハルシオン、ロヒプノール、
ユーロジン、ドラールなど
ベンゾジアゼピン系と呼ばれる薬剤です。

参照−ベンゾジアゼピン系睡眠薬一覧表

そして、ベンゾジアゼピン系の薬剤は
依存効果が高いということで有名です。

例えば、一回服用をやめてしまうと、
睡眠薬の反動で眠れなくなる状態になる
反跳性不眠という現象があります。

何日か放っておくと眠れるようになりますが、
あまりにも睡眠薬を大量に飲んでいる場合は、
一週間以上全く眠れなくなることもあり得ます。

私は一回試しに「ロヒプノール」という
睡眠薬を飲んだことがあるのですが、
飲んだら力が抜けたように眠れましたが、
熟睡したという感覚は得られませんでした。

ただ、一回一錠しか飲んでいないのに、
しばらくは眠れない状態になり、かなり焦りました。

眠れないもんじゃないですね。

布団に入っても脳が眠るのを
拒否するように眼が冴えるんです。

あれが一週間も続くと
たまったものじゃないだろうと思いました。

だから依存するように
飲み続けてしまうんだと思います。

睡眠薬の依存で怖いのは
飲まなくなると寝れなくなり、
そのためなかなか抜け出せれないということです。

また睡眠薬は薬剤耐性があり、
一定量を飲んでも寝れなくなるため、
その分増えていきます。

そして、気づけば睡眠薬は
どんどん増えていき、
10錠も飲んでも寝れなくなります。

眠れないから薬を増やそうという発想で
睡眠薬を飲んでしまうと本当に危険です。


また、妊娠中に服薬すると、
奇形児が生まれる可能性もあるため、
睡眠薬を飲んでいると
子どもを作ることもできなくなります。

(妊娠して12週目以降なら
薬を飲んでも影響はないと
言われています)

さらに夜間せん妄と言って、
夢遊病みたいに寝ているのに
体が無意識に動いてしまう
ということもあり得ます。

あとはアルコールと一緒に飲むと
ハイになって、理性のタガが外れてしまい、
トリップ状態になることもあります。

アルコールと一緒に飲むのは
大変危険なのでやめた方が良いでしょう。

できれば眠れないからと
睡眠薬に頼るのはやめた方が
いいだろうというのが私の意見です。


睡眠薬を飲む場合は、

最初は寝る前で飲んで、
寝れるようになってきたら、
寝れない時の頓服として服用するなど、
睡眠薬に依存しないように気を付けること、


そして主治医の指示を守り、
依存の可能性が出てきたら速やかに相談すること、

睡眠薬以外の入眠法
(例えばリラクゼーションや漢方、
栄養バランスや運動など)を持ちいて、
なるべく睡眠薬に頼らないようにすること

など、注意を払って飲んだ方が良いでしょう。

くれぐれも「眠れないから飲もう」
という発想はしないようにしたいものです。


↑薬よりもサプリメントの方が安全です。

上記は睡眠導入剤と同じ効果を持つ
栄養素を含めたサプリメントです。

なかなか寝付けなくて
困っている方はぜひお試しください。

posted by ショウ at | 不眠を改善するために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不眠のお薬―睡眠薬の種類とその効果のメカニズム


不眠の方には大抵睡眠導入剤が使われます。

睡眠導入剤とは
睡眠薬と同じイメージで
考えていただいて大丈夫です。

イメージとしては
「寝つきを良くするお薬」です。

ちなみに医療現場で処方される睡眠薬の
ほとんどは脳の興奮を鎮めることで
睡眠作用を得ようとするものです。


睡眠薬のほとんどは
このベンゾジアゼピン系と呼ばれているものです。

また、デパスなどの抗不安薬では
GABAという鎮静作用の神経伝達物質に作用し、
身体の力を抜いて半ば強引に
リラックス状態を作ることで
睡眠効果を得ようとします。


中にはメラトニンの受容体に作用する
ロゼレムというのもありますが、
どれもメラトニンを増やす作用はありません。

そのため、睡眠薬を飲んでも、
どうしても「熟睡できた」とという感じが
持てない方は多いようです。

またベンゾジアゼピン系をはじめとして
睡眠薬のほとんどは依存性があります。

最初はリラックスできて寝れますが、
段々と耐性がついてきます。

つまり効きが悪くなります。

そのため、薬の量が増えます

そういえば一部の抗うつ剤(テトラミドなど)では、
質のいい睡眠がとれるものがあります。

これは上述のセロトニンに作用するため、
それでメラトニンも増えるため、
という理由であれば納得はいくかなと思います。

ただ、抗うつ剤も睡眠薬も抗不安薬も
効き方には個人差があるため、
使うには主治医と相談の上、
自分の体と相談をしながら
合うものを探していくことになります。


あと、これが大切なことですが、
睡眠薬は寝つきを良くする効果しかありません。

もちろん、上述の抗うつ剤や
リスパダールなどの抗精神薬など、
睡眠導入剤以外で睡眠効果を
得るものもありますが、
基本精神科で処方されている睡眠薬とは
体の力を抜いて寝つきを良くする作用のある薬と
理解していただいて大丈夫だと思います。



↑精神科の薬はどんな作用があって、
どんな効果があって、どう使っていけばいいか。

現場の医師が経験を踏まえて書かれています。

ただ、どっちかというと専門家向きかも・・・。


↑この本は実際に薬を飲んだ方の
経験談を載せて、医師がアドバイスを
してくれています。

睡眠薬を始めとして、
多くの精神科の薬の効果は個人差が大きいです。

自分はこういう副作用や効果があったけど
他の人はどうだろうか・・・。

そういう疑問にお答えしてくれる本です。
posted by ショウ at | 不眠を改善するために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


オススメのコスメ