スポンサードリンク
   


うつ病に甘えて逃げている人が多いという印象



最近、カウンセリングをしていて、どうしても「うつ病から逃げている」という人が多いという感じがあります。

病院で診断書を貰って、うつ病を盾にして仕事を休んで旅行に行ったり、遊びに行ったりする人が多いこと。

これを続けていった結果、会社から解雇処分を受けたり、契約更新の破棄をされたりする場合があります。

会社側は必ずそうした対応を取ります。

うつ病に甘えて逃げている社員は会社には必要はありません。

また、そのせいで急な欠勤を繰り返し、業務に支障が出てしまい、何度話をしても改善が見込めない場合は、まずは閑職に追いやられ、その状況に耐えられなくなって本当にうつ病が悪化し、自分から退職してしまうということが本当にあります。

というよりも、厳しいですが、これが現実です。

「うつ病の人に人権を」と言われますが、うつ病を盾に甘えて逃げているような人に対して、会社側はそうした人を切り捨ててしまうのです。
理由は、そうした人を抱え込んだために、ほかの人が不幸になるのを避けるためです。

大切なのは、うつ病だからといって、それに甘えず、まずは無断欠勤しない、ちゃんと仕事をするということを貫くこと。

しんどくても最後まで出勤する。

本当に難しい場合は、医者に行って診断書を貰い、上司に相談したうえで休職する。

そういう世間一般から見て常識と思われることをしていくことが必要です。

厳しいことを言いますが、病気に逃げないこと。
しっかりと現実を受け入れ、いろんな人に相談していいので、甘えずに向き合うことが大切です。

今の辛い状況を乗り越えることができれば、きっとあなたは成長しているはずです。

posted by ショウ at | 新型うつ病の治し方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

職場の部下や同僚ができる新型うつの接し方


部下や同僚は上司と
は違った視点で彼らと関わります。

職場のことを省みない彼らを見るにつけ、
距離を取りたくなる気持ち、十分にわかります。

「ちょっと!!何であんな
 タイミングで急に休むの?」
「もう愚痴ばっかりでうんざり」
「一緒に働くのはもう嫌」

ちなみに、男性の場合はまだ彼らと
距離を取って関われる方が多いですが、
女性の場合は「生理的に受け付けない」
という人が多いようです。

中には「同じ職場にいるのも嫌」になって、
休職・退職してしまう人もいるぐらいです。


管理職の方の気苦労、ご察しします。

私はもしそうした人たちと
関わりたくないのであれば、
極力関わらないようにしても
良いのではないかと思います。

ただ、仕事に必要なコミュニケーションまで
しないわけには行けません。


できれば仕事に最低限の
コミュニケーションだけは行ってください。

笑顔かどうかは別にかまわないと思います。

笑顔で関わられると、逆にこちらのストレスに
気づかないタイプもいますし、
無表情だと逆に傷ついてしまうタイプもいます。

そのため、どちらが良いかは一概には言えません。

ただ、一番大切なのは
「今何をしないといけないのか」を
しっかりと彼らに伝わるように接することです。


「働く時間」か「雑談する時間」が
わからないようだと、
彼らは「雑談」の方に流れてしまい、
仕事に支障が出てしまい、
他の同僚に尻拭いが及んでしまうこともあります。

そして彼らがやるべき仕事を
「気軽に引き受けない」ことです。


彼らが「手伝って」と言われれば別ですが、
大変そうだからとこちらから
「やろうか」と言わない方が良いです。

これも相手の性格や経歴や立場によって
一概には言えませんが、できれば
彼らがやるべき仕事を最後までやり切れることが大切です。

新型うつの方は今の状況で
一つ一つ成長していくことで、
職場でできることが
増えていくことで改善していきます


それを職場のスタッフ全員でフォローし合う、
支え合うということが大切です。

そうした雰囲気を上司が提供できると
いいのだろうと思います。

生理的に受け付けないのであれば、
無理に関わらなくても良いと思いますが、
上記を踏まえて関わって行けたらと思います。


posted by ショウ at | 新型うつ病の治し方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

上司ができる新型うつの対応・接し方


以前、新型うつは
カウンセリングが有効であると話しました。

新型うつは必ず治る!
―薬物療法よりもカウンセリングが効果的


新型うつの方は
叱責や助言・アドバイスはなかなか入りません。

彼らの関わり方で必要なのは、
何と言っても話を聴いていくこと、
彼らの思いをしっかりと聴き続けることです。


当然、「そんなの常識だろ、バカヤロー」と
言いたくなるようなことも言うと思います。

そこで叱責するのではなく、できれば

「会社としてこうしていかないみんなが困る」
「こういう風にして行ってほしいができるか?」


と言うような対応が大切です。

上司の思いと彼らの思いを
しっかりと話し合うような関わり合いをしてください。

そして、会社として職場として、
無理だと思うこともあります。

その時は、はっきりと「無理だ」ということ、
そしてその理由を伝えてください。

一番やってはいけないのは
「まあ、できるかもしれない…かなあ」
と曖昧に答えることです。



すると彼らは「無理をすれば通るかも…」
と変な期待を持つようになります。


会社の目標は何でしょうか?

恐らく日々の業務が滞りなく
毎日進んで行くこと、またそれによって
会社の利益を伸ばしていくことだろうと思います。


できれば、彼らが会社の利益に
つながるように働けた方が良いはずです。

そのことを念頭に置いて、
粘り強く部下と話し続けること、
関わりを持つこと、難しい場合であれば
周りに相談して会社としての措置を考えていくことです。

そして、できれば聴いてみるといいかもしれません。

「これが難しいようだったら、
周りがどう手伝えばできそうになる?」

部下の意見をしっかりと聴いていくことです。

その上で、彼らの思いと職場を代表として
上司の思いをお互いに話し合って
いくことが大切だと思います。


そして、一番重要なこととして「何を優先するか」、
優先順位をしっかりと見定めてほしいと思います。

その上で、彼らが成長することで
会社の利益につながり、それを支えることが
優先順位に入るような関わりを
して頂きたいとカウンセラーの視点から思っています。


posted by ショウ at | 新型うつ病の治し方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新型うつの部下が診断書を持ってきた―会社や上司がするべき対応


「新型うつ」の人がいると、
どうしても会社や上司はその対応に困ってしまいます。

特に実際に診断書を持ってくると、
診断書の内容に従って休職させないといけません。

その間に、ディズニーランドや海外旅行に行って、
3か月くらい経ったら
「そろそろ職場に戻りたい」
「明日から職場に戻ります」
というようなケースもあります。

しかも、診断書には
「職場復帰可能と判断する」の文字が・・・。

そこでその通りに職場復帰させると、
また半年後に再度うつで休職の診断書を持ってくる…。

もちろん、職場がかなりハードなところのために、
そういうオフを設けないと
身体が持たないという場合もあります。


ただ、仕事を頑張り過ぎて心身が
衰弱してオフを設けるのと、

自分がしたいことや欲求を重視して
職場の都合を考えずにオフを設けるのとでは

全然意味合いが違います。


ここで大切なのは診断書の通りに、
その部下の言う通りに
休職・復職の手続きを行わないことです。

彼らの言う通りに、休職をOKしていくと
必ず職場は振り回されてしまいます。

そして、彼らも職場でどんどん孤立していくため、
「新型うつ」の人たちも困ってしまう結果になります。


まず、
会社が規定している休職の手続きに従って、
勧めた方が良いでしょう。


例えば、復職の際は「職場復帰プログラム」
というのがあると思います。

復職の際は、まずそのプログラムに
則って復職に向けるべきです。

また、休む際は必ず「病院からの診断書」を
持ってくるように伝えるべきです。

くれぐれも彼らが「休みたいから休んだ」
ということがないように、
向こうの都合で休職・復職が決まらないようにしたいものです。


もし繰り返されるようであれば、
会社としての厳正な対応も必要となります。


彼らに必要なのは、
彼らの望み通りの環境を与えるのではなく、
会社として社会人として許せる範囲・許せない範囲を
しっかりと伝えていくことです。

これは「交渉」です。


「ここからは会社として困るから、
続くようであればちょっと考えないといけない」


ということをしっかりと話し合うことが
必要だと思います。


誤解しないで頂きたいのは、
これらの取り組みは彼らを「追い出す」ことを
目的としているのではありません。

彼らが会社や職場と上手に付き合うための
「交渉」が目的です


彼らに振り回されないような
職場の枠づくりや上司の対応がとても大切なのです。


↑「あなたの身近な人が新型うつかなって
思った時に読む本」

新型うつかな?
と思う人の付き合い方について書かれています。

posted by ショウ at | 新型うつ病の治し方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新型うつは必ず治る!―薬物療法よりもカウンセリングが効果的


「もしかして、私って新型うつ?」
と思っている方へ。

新型うつは必ず治ります。

・・・治るというのは
ちょっと不適切な表現ですね。

正確に言えば、治るというよりも

成長する

という意味合いでしょうか。


新型うつの原因はプライドの高さと
自分の我を上手に職場の雰囲気と
合わせられないからです。

自分が思っていることが
今一つ良くわからず、何となく職場が
しんどいという感じでしょうか。

そして、ちょっとした挫折やトラブルで
自分を崩しやすくなります。

このような傾向が新型うつを
発症してしまう人達に共通しています。

これはぜひ知っておいて欲しいことですが、
これらの傾向を精神科の薬物で
治すことはできません


精神科の薬とは症状を
和らげることが目的であって、
あなたの性格を変えることはできません。

もしそんなことができれば、
小さいときから精神科の薬を飲んでおけば、
親の愛情なしで子どもがすくすくと
育つということになります。

(もちろん、そんなことは決してありません)

新型うつを治すには、
何と言っても本人が今の辛い状況の中で、
自分を奮い立たせて頑張っていくことです。

そして、頑張る中で何とか

一つ一つ壁を乗り越えて、
周りと合わせることができる、
挫折に耐えることが出来る、

それを身につけて行くことが
新型うつの唯一の治療だと思います。


つまり、
今の自分よりも強い自分へと成長していくことが
新型うつが治るということなのです。


ただ、そのためには
いくつか必要なことがあります。


一つは自分がどのような人間かを
しっかりと知っておくこと。

そして、周りとの合わせ方、
挫折の乗り越え方を身につけて行くこと。

この辺りは、カウンセリングを
受けることで身につけることができます。

ただし、話を聴くだけのカウンセリングでは
難しいかもしれません。

認知行動療法やリアリティセラピーなど、
今よりもより良いやり方を身につけて行くような
カウンセリングを受けることをおすすめしています。


新型うつは、本人の頑張りと努力、
そして周りの支えによってしか
治療ができないものです。

この辺りが従来のうつ病との違いかと思います。

posted by ショウ at | 新型うつ病の治し方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

こういうタイプの人は要注意―新型うつになりやすい人


私は新型うつ・非定型うつの
カウンセリングを多く経験してきました。

その中で、新型うつが起こり得る原因を
いくつか述べたいと思います。


@職場と相性が合わないこと
私たちは自分とは合わない状態に置かれると、
ストレスを感じやすくなります。

なぜ合わないのかはその人と
実際の職場を見てみないとわかりませんが、

一番は職場の雰囲気と自分との
相性が合わない場合が考えられます。

新型うつを発症する人の中には
非常に周りに気を遣ったり、
周りの雰囲気や相手がどう思っているかに
敏感なタイプがあります。


そうしたタイプは
他人がどう思うかを気にしてしまい、
そこにエネルギーを使い過ぎてしまい、
うつ症状を発することがあります。


A自分を合わせられないこと
そして、新型うつになるタイプの人は
職場の雰囲気と合わせることが苦手な人が多いです。

例えば、職場は「こうしてほしい」
「こういう仕事をしてほしい」
という要求を持っています。

それに対して、柔軟に合わして
対処していくことがかなり苦手な方が多いです。

「自分がこうしたい」ということと、
「職場がこうしてほしい」というのを
上手に合わせることが出来ず、

その結果、ストレスを抱えてしまい、
うつ症状を呈してしまうようです。

逆に自分をかなり出し過ぎてしまい、
そのために職場とトラブルを起こしてしまい、
うつ症状を発症してしまうタイプもいます。


B挫折に弱いこと
新型うつと呼ばれる人たちは、
挫折にかなり弱い傾向があります。

例えば、上司が誤字をチェックしただけで
極端に落ち込んだり、ミスや指摘・叱責に
かなり弱い傾向があります。

こうしたストレスに強くないと
いけないわけではありませんが、
極端に弱い面があるのです。


Cプライドが高いこと
そして、新型うつの人は、
プライドがかなり高い傾向があります。

だからこそ、
「職場に合わすこと=自分の価値を下げてしまうこと」
と思って合わせられなかったり、
ちょっとした挫折に耐えられなかったりします。


この「合わせられない」「耐えられない」
というのは本人にとって
かなりのストレスに繋がります。

その結果、うつ症状を発症してしまうのです。


上記@〜Cが新型うつを
発症してしまうタイプに共通している点です。

私のカウンセリングの印象では、
わがままで自分勝手な人と言うよりも
(もちろん、そういう人もいますが)、

自分のプライドや我が強すぎて
職場の中で上手に自分を合わせられなくなって、
職場不適応からうつ症状が出たという感じが強いです。


従来のうつ病は
「職場や環境に合わせ過ぎてしまったため」
起こるのに対して、かなり対照的だと思います。

環境に合わなくて起こるものと
理解するといいかもしれません。


そのため、新型うつの治療は薬物療法ではなく、
カウンセリングの方が効果的です。

カウンセリングを通して
環境とのより良い合わせ方を
学ぶことで新型うつは治ります。

この辺りについては次回に詳しく述べたいと思います。

posted by ショウ at | 新型うつ病の治し方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なぜ新型うつに陥ってしまうのか―そのメカニズムと治療法


新型うつの人も悩んでいます。

一つは会社の中で上手く働けない悩みです。

プライベートは楽しく活発に動けるのに、

仕事になると急に頭痛や吐き気、
落ち込みやイライラ、不安や焦燥感などの
うつ症状が出てしまいます。

考えても見れば、私たちは一日8時間、
つまり一日の1/3は仕事に従事しないといけません。

人生の大半を吐き気や頭痛といったうつ症状で
過ごさなくてはいけないのは
かなりの苦痛だと思います。

そのために心療内科へ通うケースもあります。


それで耐えられる程度であればマシですが、
頑張っている内に無理になってしまい、休職してしまう。

そして、気晴らしとして旅行や趣味に出かけ、
体調が回復してきたらまた戻る。

しばらくすると、また体調が悪化し、休職する。

その繰り返しを呈する人は大変多いです。

また、多くは職場の不満をずっと述べるため、
聴いている方は「甘えるな」とつい言いたくなります。

新型うつは
カウンセリングが一番有効な治療法です。

薬物療法だと、それこそ対処療法に
なってしまう可能性が大です。

このサイトでは栄養とうつのことも書いていますが、
新型うつは栄養面が原因ではありません。

もし、栄養が原因であれば、
仕事とプライベートの切り分けも
できない状態になってしまうため、

「休みの日に旅行」というのは
かなり無理があるのではないかと思います。

新型うつが起こるメカニズムとして、

私は
その人が「こうしたい」
「こういう仕事でこういう喜びを得たい」
と言う願望と、


実際仕事で与えられる
業務や役割・人間関係
との間に

ズレが起こっているためでは
ないかと考えています。

そして、そのズレを上手に
自分の中で処理できず、
ストレスを抱え込んでしまうため、
そのストレスを和らげようという試みの結果、

「職場の愚痴を言い続ける」
「急に休んで旅行に行く」
「勝手に診断書を持ってきて休職する」
「仕事をしようとするとうつ症状が出る」

などの新型うつ特有の行動を
とるのではないかと思います。

この辺りは
また詳しく書かせていただきたいと思います。

posted by ショウ at | 新型うつ病の治し方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新型うつは甘えなのか?それとも病気なのか?


仕事に出勤するとうつ症状が出てしまい、
心療内科に通っているものの、
仕事が終わると急に元気になる。

そして休日には旅行や遊びに出かける。

月曜になるとまた体調が悪化して、
業務に支障が出る。

話を聴くと、ずっと職場の愚痴ばかりで、
聴いている方は「甘えるな」と言いたくなる。

はたから見ると
「これって病気なの?
それとも単なる甘えじゃないの?」

と思いたくなります。

そして、なぜ医師がその人に
「うつ」の診断を付けたのか、
今一つ理解できません。

診断書には法的な力があるため、
従わないと行けず、それによって
職場はどんどん混乱してきます。

今回はその辺りをちょっと整理してみましょう。

私のカウンセリングの経験から言えば、
新型うつの場合は、確かにうつ症状が出ています。

ちなみに、うつ病・うつ状態かどうかを
診断する際の基準は、うつ症状が
どれだけ出ているかどうかです。

いくつかうつ症状が出ていて、
診断基準を満たす場合、うつ病と診断されます。


うつ症状とうつの診断の仕方

実際にうつ症状が出ていて、
それで困っているから病院を受診していて、
薬を飲んだら病状は軽くなります。

だから医師も「うつ病」もしくは「うつ状態」と
診断するのですが、そのメカニズムや治療の仕方は
新型うつと従来のうつ病とは根本的に異なります。


新型うつと従来のうつ病の違いはどこか?

ちなみに、昨今増えている新型うつですが、
精神科医療の現場ではこの診断名が
つくことはほとんどありません。

大抵は新型うつではなく
「うつ病」「抑うつ状態」
という診断がつくと思います。

その理由として、一つはDSMという
診断基準をまとめたマニュアルでは、
気分障害のカテゴリーの中で
「新型うつ」という名称は存在しません。

つまり、精神疾患として「新型うつ」
という名前の病気はないのです。


病院でのうつの診断の基準(DSM−WとICD10)

大うつ病性障害の診断基準(DSM-Wから)

気分変調性障害の診断基準(DSM−Wより)

そして、もう一つは新型うつという診断が
もしついた場合のその人の社会的な
不利益を考えた場合です。

もし、あなたが人事担当だとして
「新型うつ」と診断された人を
雇いたいでしょうか?

仕事を任せたいでしょうか?

そういう社会的な背景も合わせて、
新型うつの診断は医療現場ではほとんどありません。


しかし、確かに新型うつ病と
呼ばれるタイプの人は確かに存在します。

そして実際にはその症状によって
困っている人は確実にいます。


会社で思うように働けず、
長期的に見て困る状態になるのは彼らです。


そして、そうした自分の不満足感の中、
どうしていいかわからずうつ症状と
闘い続けている人は結構多いのです。

私はそうした人たちが働きやすい職場を
作ることができれば新型うつどころか
職場うつもなくなるのではないかと信じています。

そのポイントについても
これからお伝えしていきたいと思います。

☆読んでほしい記事☆
なぜ新型うつに陥ってしまうのか―そのメカニズムと治療法
こういうタイプの人は要注意―新型うつになりやすい人
新型うつは必ず治る!―薬物療法よりもカウンセリングが効果的
新型うつの部下が診断書を持ってきた―会社や上司がするべき対応


↑職場でうつになる人は実に様々です。上記の本は読みやすく、いろんなタイプのうつの人がいることがわかるのではないかと思います。
posted by ショウ at | 新型うつ病の治し方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新型うつと従来のうつ病との違いはどこか?


新型うつという名前が取り出されて、
結構な時間が経ちました。

ちなみに新型うつとは簡単に言えば、
従来のうつ病とは違うタイプのうつ病
と言う意味です。

うつ病と抑うつ状態の違い

従来のうつ病は真面目な人が
仕事を抱え込み過ぎたり、
またいろんなストレスイベントが
重なり過ぎたために生じるものが主でした。

頑張り過ぎた結果、
脳がパンクして心身が疲労し、
うつ病を起こしてしまうというイメージです。

だからこそ、まずはゆっくりとした休養と
栄養と薬で治療ができるというのが
うつ治療のベースとなっていて、
休養のために睡眠薬が処方されるのです。

そして、従来のうつ病の人は、
休むことに抵抗感、罪悪感があり、
「周りの人に申し訳ない」

と思ってしまいます。

そして「早く治して戻らないといけない」
と考えています。

だからこそ、主治医や家族は
「頑張らないでまずは休みましょう」
と励まします。


うつ病の人に「頑張れ」は禁句というのは
こういう理由からです。

新型うつとはこの従来のうつ病とは
異なる場合を示します。

まず、職場を休んだ際に
従来のうつ病の人が感じる罪悪感が
新型うつの人にはありません。


平気で休職期間中に
旅行や遊びに出かけます。

確かにうつ病の人が回復していく際に、
回復の兆しとして旅行に
出かけることはありますし、
その場合は「気晴らし」「気分転換」
として一般的に納得できるものです。


しかし、新型うつ病の場合、
ひどいのは1か月も病休を取った後で、
そのまま海外旅行に出かけて
しまうことも珍しくありません。

そして、何食わぬ顔で復職後、
会社に戻り、休んで迷惑をかけた同僚に
そのままお土産を配る人もいます。

こうした行動とうつ病の
イメージのギャップに戸惑う上司は実は多いです。

頑張っていないのに、
なぜかうつ症状を起こしてしまい、
休職してしまうタイプ。

うつ病の勉強をしている人が、
「え?確かにうつ症状を起こしているが、
これはどう考えればいいのか」

と頭を悩ませてしまうタイプ。

「単なる甘えや怠けではないかと
思わせてしまうタイプ」

こういうタイプが一般に
新型うつと呼ばれるタイプです。


うつ症状とうつの診断の仕方


これが従来のうつ病と新型うつの大きな違いです。

ただ、新型うつという人も、
職場で上手に働けないという点では
非常に悩んでいる人もいます。


「どうしていいかわからない」と
訴えるタイプも実際にはいるのです。

今回、そうした彼らの対処や、
実際に新型うつとして悩んでいる方にとって、
少しでもお手伝いできるような情報を
提供していこうと思っています。

ちなみに、こういうタイプのうつ病は
昔からいましたし、今となって
急に現れたというわけではありません。

精神科医療で「従来のうつとは違う」
という意味で「新型」とついているだけです。



↑新型うつと従来のうつの違いついて
大変わかりやすく書かれています。

また文章自体がわかりやすく、
どう対処すればいいかも
非常に明快に書かれていて、
新型うつを学ぶならお勧めの本です。


posted by ショウ at | 新型うつ病の治し方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


オススメのコスメ