スポンサードリンク
   


心療内科と精神科の違い―うつ病ならどちらへ行けばいい?


うつ病かと思ったら、
まず病院に行かれる方が大半だと思います。

しかし、どの病院に行けばいいか、
どの科を受診すればいいのかご存知でしょうか?

大抵の方は心療内科の病院を
受診されるとと思います。


その理由として、
心療内科のクリニックが大変多いこと
が挙げられます。

精神科を標榜するクリニックは
あまり見かけません。


ところで、
心療内科と精神科の違いはご存知でしょうか?


心療内科=精神科というイメージが
結構定着していますが本来は違う科です。


精神科とは、本来はうつ病や躁うつ病、
統合失調症など精神病を治療するのが目的の科です。

精神病、つまり脳の病気を
治療する科が精神科と言うことになります。


その一方で心療内科とは、
「心」という字と「内科」という字が
入っています。

心の問題、つまりストレスに起因する
内科的な病気を治療することを目的とした科が
心療内科と言うことになります。


具体的には心因性の頭痛、胃潰瘍、
喘息といった心身症、
それからストレスによって生じた抑うつ状態、
パニック障害などが診療科目として入ります。


しかし、現場としてはそれほど大きな違いはなく、
心療内科でも統合失調症や躁うつ病などの
精神病を見ることもあります。


ちなみに、心療内科が増えた背景として、
まず精神科よりも敷居が低く
気軽に受診がしやすいこと、

またそのために患者さんの数が増え、
収益が増えやすいことが挙げられます。


そのため、精神科のみならず、
内科の医師までもが心療内科を標榜して
クリニックを立ち上げるケースが多々あります。


ここで、問題となるのは
精神科の訓練を受けた医師が
うつ病などの病気を受診に来られた場合は
適切な薬物療法を行えることに対して、

内科の医師の場合では
すぐに薬を増量してしまって
多剤大量処方に陥ってしまうケースが多いということです。


心療内科へ行って、
急に理由も説明せずにたくさんの薬を
処方しようとする医師、
もしくは初めてなのに話をあまり聞かずに
大量に処方してしまう医師の場合は、
その病院の通院を考えた方がよいだろうと思います。


上記の背景を踏まえて、
自分に合った主治医を見つけることが大切だと思います。


posted by ショウ at | 主治医との付き合い方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

内科でもらう睡眠薬、抗うつ剤には要注意!!


内科の先生に
「先生、最近ストレスで眠れないんですけど」
と言うと、大抵の内科医の医師は
「じゃあ、この薬出しましょう」
と言って睡眠薬を処方してくれます。

大抵はデパスやレンドルミンなどの入眠剤です。


実は睡眠薬や抗うつ剤、抗不安薬は、
精神科医・心療内科医でなくても
処方してもらえます。


もちろん、医師のタイプや主治医との
付き合いの深さににもよりますが・・・。

(当然ですが、いきなり初診の
内科医の先生に「眠れない」
と言っても睡眠薬はもらえません。)

ただ、問題は精神科薬物療法に
詳しくない医師から
そうした薬をもらうことです。

内科の医師は内科的な病気や
それを治療する薬物のプロであって、
精神科の病気や薬物のプロではありません。

そのため、そうした医師から
簡単に睡眠薬や抗うつ剤を
処方してしまった結果、
あり得ないくらいに処方量が増えてしまい、

主治医が匙を投げて
精神科・心療内科に紹介してくるケースがあります。


きっかけはちょっとした
人間関係のストレスからだったのが、
気づいた頃には薬が
10種類以上40錠近く処方されていて、
その副作用でかなり精神的・肉体的に
ボロボロになっている場合もあります。

中には精神科医であれば
簡単に処方しないような薬を
処方していたケースもあります。


(特定の薬物は定期的に
血液検査をして血中濃度を測らないと
いけないようなものもあります)

ここで私が言いたいことは、
精神科の薬、つまり睡眠薬、
抗不安薬、抗うつ剤を処方してほしいときは、
できれば精神科・心療内科の医師に
処方してもらった方がはるかに良いということです。


精神科に詳しくない医師から
安易に処方されて、薬物依存
に陥ってしまうケースは驚くほどあります。



ちなみに、私の母の話ですが、
一度内科医からレンドルミンと言う睡眠薬を
もらった後、日中起きれないほどの
副作用を起こしてしまい

私の方に相談することがありました。

私の方から、「もう飲まないか、
半分にしたらいいのでは?」と助言をして、
母は飲まない方を選択しましたが、
その後から副作用もなく、快眠できたと
後で私の方にも教えてくれました。

あのまま医師の言うとおりに
飲んでいたらどうなっていたかと思うとぞっとします。

ちなみに、
今回言いたいのは内科医ががダメ、
精神科医が良いということではありません。

医師にもそれぞれの専門性があります。

それを弁えた上で、
賢く医師と付き合っていくことが
大切だということです。


↓「眠れないんだけど、精神科・心療内科でもらうのもなあ」という人は下記のサプリメントがお勧めです。



posted by ショウ at | 主治医との付き合い方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

精神科セカンドオピニオンの現実と注意点


主治医の治療方針に対して、
「これでいいのか」と
思ってしまうケースは当然あります。

特に、同じ薬ばかりを処方してもらって、
全く改善が見られず、さらに薬が
増え続けているような状態が
数年続いているような場合、
どうしても不安になってしまいます。

そうなると、別の医師からの確認や助言を
得たいという気持ちが出てきます。

そうした場合に、今の治療方針の助言や意見を
他の医師に聴きに行くことを
セカンドオピニオン
といいます。

そうしたセカンドオピニオンですが、
利用する際の注意点がいくつかあります。

まず、セカンドオピニオンを担当する医師も
患者の話をゆっくりと聴く時間が
持てないという点です。

そのため、患者さん側としては
どうしても中途半端な形で
終わってしまう場合もあります。

もし、時間をかけてゆっくりと
話を聴いてもらって判断をしてもらいたい場合は、
精神科医療に詳しいカウンセラー、
薬物療法に詳しいカウンセラーを
訪ねてみたほうが賢明です。

カウンセリングであれば50〜80分の時間は
約束されるので、その点は安心かと思います。

私もたまにセカンドオピニオンを
受け持つことがありますが、
大抵の方は薬が減ったり、治療の方向性が
見えた形で終わるとのことで、
喜ばれることも多いです。

ただ、セカンドオピニオンを受診する場合は
これだけは覚えておいてください。

セカンドオピニオン担当医師は、
あなたの主治医について
批判することはありません。


例えば、初診で何も説明なく薬を
10種類も出すような場合についても、
担当の医師はその薬を出した主治医を
悪く言うことはありません。

あったとしてもかなり少数派です。

なぜなら医師は派閥やつながりが
厳しいため、他の医師の批判を
することはないのが常です。

また、短い時間で話を聴くため、
病状や原因があまり見えないまま、
今の治療法の是非を答えることも十分あります。

つまり、主治医よりも情報不足の状態で
今の治療について答えるケースも十分あるのです。


大抵は、「主治医ともう一回話してみたら?」
「今の治療で大丈夫だよ」と言われるだけで、
何とも不全感を抱いたまま終わることも多いです。

また逆に主治医を猛烈に
批判してしまうところもあります。

名医やよほど説得力がある場合を除いて、
素直に信じないようにしたいものです。

まあ、あなたが心の奥から納得できたかどうかを
基準にしたほうがいいのではないかと思います。

私はできれば精神科医療にに詳しいカウンセラーに
じっくりと話を聴いてもらうことをお勧めします。

私の場合は「主治医にこういう風に言えば
もっと治療の方向性が見えてくるよ」
という助言もしています。

すると、そこから急に薬の量が
減ったりすることも多いです。

ただ、残念なのは精神科医療の助言まで
できるカウンセラーも少数派なのが
現状だということです。

もし、カウンセリングルームを訪ねるのであれば、
ブログや記事を読んで、精神科医療に詳しい
カウンセラーかどうかを判断し、予約電話で
「精神科のセカンドオピニオン
みたいなのはできますか?」
と確認してみるといいでしょう。

ちなみ、セカンドオピニオンでは
紹介状は必要はないです。

医師にセカンドオピニオンに行く旨を
伝える必要もありません。

ただ、今<後の治療方針に役立ちそうであれば
伝えてみても良いでしょう。

この当たりはセカンドオピニオンの担当医師に
相談してみてはいいのではないかと思います。


posted by ショウ at | 主治医との付き合い方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

うつ病の人が転院を考えるとき(こんな医師は転院した方が良い)


ドクターショッピング
という言葉をご存知でしょうか。

次々と病院を転々としてしまう
ことを指します。

精神科・心療内科でも
ドクターショッピングする患者さんは
かなりの存在でいます。

理由は簡単です。

患者さんが主治医をあまり
信頼できなくなるからです。


一昔前まで、
そうした患者については

「やっかいなタイプの患者」
「人と信頼関係が取れないタイプの患者」

として多くの本や論文に
記載されていた時期がありました。

昔の精神科医療では患者は
引っ越しや転勤などの理由がない限り、
転院はしないのが普通と言う認識でした。

ちなみに、

「境界型人格障害は
ドクターショッピングを
しやすいから要注意だ」

ということは精神科医師の間
では有名な話です。

しかし、私はドクターショッピングを
したくなる患者の気持ちもわかります。

例えば、病院にいって医師から
ロクに話も聞いてもらわず、
いきなり薬を何種類も出されたら、

「この人で本当に大丈夫か」

と思いたくもなります。

また、診断も教えず、
病院に行けばいくほど薬が増え、
その都度社会的な日常生活も
困難になっていく場合。


医師に

「今の状態を教えてほしい」
「このままでいいのだろうか」

と疑問に思ったことを正直に言っただけで

「私のことを信用していないのか」
「だから治らないんだ」

と逆に怒られた場合。

上記の例は実際にあります。

もちろん、良い医師に当たって治った方もいる
一方で、上記の医師に当たり、
余計にこじらせたケースは後を絶ちません。

こういった医師に対して、
「大丈夫か?」と身構えてしまったり、
不信感を抱いてしまうのは当然だと思います。


私はカウンセラーですが、
クライエントの話を聴いて
おかしいと思った場合は、
転院について話し合うこともあります。


行けばいくほど症状が悪化するなら、
病院を変えた方が良いと伝えることもあります。

ただ、転院する場合は
本当に慎重に進めた方が良いです。

医師は
なぜこの人は転院したのだろうか?」
「まさか前の病院で問題を起こしたのでは?」
とまずは考えます。

そのため、なぜ自分が転院しようと
決意したのかをしっかりと
意識しておくことが大切です。


また、転院の前に
セカンドオピニオンをすることを勧めます。

精神科セカンドオピニオンの現実と注意点



posted by ショウ at | 主治医との付き合い方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

主治医にはどこまで話せばいいか?


主治医の先生には、
いろんなことを話したくなります。

○もしかすると、
親子関係がうつの原因になっているのか?

○職場でイライラすることが多いが、
どうすればいいか?

○薬を飲んでもなかなか改善しないのはなぜ?

などなど。

ここで大切なことは
意味のないことをたくさん話せば話すほど、
医師が混乱してしまう場合があることです。

このことは誤診や多剤大量処方にも
繋がるため、余計なことは
あまり話さない方が賢明です。

なので、雑談や他愛もない話は、
医師の方から振ってこられたとき以外は
言わない方が良いでしょう。

では医師に何を話せばいいのか。

まずは「症状」です。

薬の効き方、薬を飲んで具合が
悪くなったことは進んで
主治医に報告しましょう。

その際に
「薬を見直してほしい」

と伝えることも忘れずに。

(薬の飲み合わせで症状が
悪化するケースが結構あるためです)

最近、症状が悪化したこと、
また良くなったことも合わせて伝えます。

こまめに自分の体の状態に
敏感になっておくことが、
うつを治す早道です。

そのため、

@症状の変化と、
A現状の生活でどんなことに
気を付けておけばいいか。

この2点をメインに
主治医と話し合うと良いでしょう。

あと、病気に関することで
疑問に思うことがあれば、
ぜひ聞いてみた方が良いです。

精神科の医師は精神疾患と
薬の専門家ではありますが、
人間関係やトラブル処理の
専門家ではありません。


また、大多数の医師は
カウンセリングの勉強は受けているものの、
専門的なカウンセリングや心理療法を
行うことはできません。

(もちろん、医師のスタンスによりますが、
大多数の医師は薬物療法を専門としているため、
カウンセリングや認知行動療法を行なえる医師は
ほとんどいないと思った方が良いです)

なので、カウンセラーのように
何でも聞いてもらえると思って
いろんなことを話そうとすると、
医師も混乱してしまい、
治療どころではなくなることがあります。


もちろん、名医と呼ばれる精神科医師であれば、
その中で患者の訴えをしっかりと捉えて、
治療につなげる人もいますが、
まあそれができる医師は1割程度でしょう。

医師とは賢く付き合うことが大切です。

posted by ショウ at | 主治医との付き合い方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

精神科の医師が患者の悩みをあまり聞かない理由とは。


基本、精神科・心療内科の医師は「話を聴いてくれない」と愚痴をこぼす人は結構多いです。

「今、実生活で困っているのに、そのことを相談しても『そうですか』としか言わない!!」
そう怒る人は結構多いものです。



もちろん、医者のスタンスやよって立つ理論によって異なりますが、医者は患者の悩みを聴くことはあまりしません。

精神科の医者の仕事は患者の悩みを解決することではなく、脳内の神経伝達物質の状態を正常に戻すのが本来の仕事です。そのため薬物を使うことで脳の安定を図ります。

確かに精神療法を行いますし、加算も取られますが、それは患者さんにとって脳が安定するため、うつなどの病気を治すためのアドバイスや助言を医学的根拠に基づいて行うことです。

実質たくさん患者さんが来るような売れっ子ドクターでは、患者さんの話をゆっくりと聴く暇はありません。
大抵5分〜10分くらいで診察が終わります。その間に患者さんが納得するまで話を聴くことはかなり難しいです。

そのため、うつを治すのに必要な助言や薬物療法を行うための情報を得ることに焦点を当てて話を聴くのが医者の聴き方です。

例えば、風邪を引いたから内科に行くとします。
医者は、のどの腫れ具合や熱、食欲の有無などの症状を聴いて「急性上気道炎」という診断名を付け、処方箋を出し、治すためのアドバイスをします。
患者さんが最近恋人と振られて落ち込んでいること、仕事がしんどいこと、家族の関係が上手く行っていないことなどは聴こうとはしません。もし患者さんの方から話しかけても「そうですか」と軽く受け流されてしまうことも多いでしょう。
(もちろん、医者のスタンスや関係によっては聴いてくれるのこともありますが)

精神科の医師も基本はこの内科の医者と同じスタンスだと思っていただければと思います。

しかし、不思議なことで精神科の医師は「悩みを聴いてくれる」「今の状況を何とかしてくれる」という認識が結構あります。

その認識と実際の精神科医師のスタンスのズレがさきほどの「話を聴いてくれない」につながっているのではないかと思います。

ちなみにカウンセラーはどうか?
それは続きに回すことにしましょう。


posted by ショウ at | 主治医との付き合い方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


オススメのコスメ