スポンサードリンク
   


精神科・心療内科のお薬を減らすには・・・?


精神科・心療内科に通院されている方で、
一番の悩みは「お薬の減らし方」
ではないかと思います。

精神科 お薬 減らすには

しかし、抗うつ剤や睡眠薬、
安定剤と言ったお薬を
減らすことは容易ではありません。


減薬するのに
大体服用してきた時間の
2倍はかかると覚悟はしてください。



だから、10年以上飲んでいた場合は
薬を全部なくすのに20年はかかります。

そして、徐々に徐々に減らしてくことが必要です。

もともとお薬自体が劇薬なので、
一気に飲まないようにすると
悪夢で眠れなくなったり、
情緒不安定になったりと
副作用で身体がボロボロになってしまいます。


お薬を減らしたい場合は、
まず精神科・心療内科の医師に
相談をしてみることが大切です


主治医の了承なしに減らすのは
大変危険なのでしないようにしましょう。


ただ、同じ精神科の医師でも
理論背景が異なる場合があります。

例えば、高齢の医師は多剤大量処方を
主流とすることが多いです。

それに対し若い医師は
少量での処方のトレーニングを
受けていることが多いのです。


また、心療内科の場合、
精神科から開業した医師は
精神薬の減薬のトレーニングを
受けていますが、

内科から開業した医師の場合は
そうしたトレーニングは
不十分であることが多いです。


なので、もし減薬を申し出ても、
主治医が曖昧にごまかそうとする場合は、
転院を考えてみてもいいでしょう。

ちなみに、減薬の場合、栄養療法で
必要な栄養素をサプリメントなどで
摂取することも効果的です。


特に亜鉛と鉄分とビタミンB群のサプリメントと
豆乳の組み合わせはセロトニンを増やすので、
効率よくお薬を減らすこともできます。



ただ、この辺りは専門的な知識が必要なので、
栄養療法を専門にされている医師に
指示を仰ぎながら行うことが必要です。

posted by ショウ at | うつ病と薬物療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

うつ病の薬は依存性があるか?


うつ病の薬に依存性が
あるかという不安は
当然の心理だと思います。

「もしかして
一生お薬漬けになるのではないか・・・」
と思ってしまうと、
気分が落ち込んでしまいます。

うつ 薬 依存性

結論を言えば、
うつ病の薬には依存性はあります。

例えば、パキシルというお薬は
依存性は十分あります。

なかなか断薬が難しいお薬の代表例です。

また睡眠薬として使われる
ハルシオンやロヒプノールといった
ベンゾジアゼピン系の抗不安剤は依存性が強く、
簡単に言えば睡眠薬なしでは
眠れなくなってしまう可能性が大変多いです。

特に、何年にも長期間に渡って
服用を続けている場合、
急にやめると禁断症状や副作用が
一気に出てしまい、
社会生活に支障がでてしまうケースもあります。

このようにうつ病のお薬には依存性はあります。

ただ、うつ病を治すためには
お薬の力を借りることは必要ですし、
特にあまりにも眠れない場合は
睡眠薬を服用しないと治るものも治りません。


今は医師の指導にしっかりと従えば、
それほど薬物依存に陥る可能性は低いので、
医師の指示にしっかりと従えば問題はないでしょう。


ただ、医師が患者に説明もなく、
薬を増やした場合は要注意です。

その際に、なぜ増やしたのかを
質問することが大切です。

主治医が曖昧な返事をしたり、
説明をせずに「飲みなさい」と言い続けた場合は、
病院を変えることも視野に入れなければいけません。

あと、お薬を飲む場合、
しっかりと栄養を取ることと、
健康的な生活リズムを維持することは必須です。


風邪薬は安静にしているときに
効果が出るのと同じように、
うつ病のお薬も基本は健康的な生活を
しているときに効果が出ます。

ジャンクフードばかり食べていると、
治らないばかりか、
依存に繋がってしまいます。


うつ病のお薬と上手に
付き合っていくことが大切だと思います。

posted by ショウ at | うつ病と薬物療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

うつ病の薬が減らない理由―精神科医も知らない減らし方


今回は精神科医も知らない
薬の減らし方をお伝えします。

前回は、抗うつ剤の
依存のメカニズムについてお話しました。

ジェンガで一本でも抜けば
ガラガラと抜け落ちてしまうような状態。


それが薬で依存している人のイメージです。

脳の安定をずっと
薬だけで維持しています。

その分、身体はセロトニンやGABAなど、
脳の安定に必要な神経伝達物質を作るのを
ストップしています。

その分だけ、脳の神経伝達物質の
濃度を薬任せになってしまい、
より一層依存してしまいます。


となると、薬を減らしていくためには、
まずあなたの身体が自然と脳内の
神経伝達物質を作るように
していかないといけないわけです。


あたたの身体が自然とセロトニンを
作ることが出来るようになれば、
その分だけ薬の依存は減っていきます。

もちろん、心理的な問題で
薬が手放せないこともありますが、
何十錠も飲んでいる場合は
身体的な問題になっていることがほとんです。


さて、セロトニンを増やし、
脳内の神経伝達物質を
安定させていくためには
なんと行っても
食事の質を改善していくことです。



例えば、一番は砂糖の多いお菓子や
インスタント食品を止めることです。

砂糖は確実に脳のバランスを崩します。

例えば、甘いケーキを食べた時に
脳がしびれるような感じを
受けたことはありませんか?

砂糖は脳にとって毒物です。

なので、うつ病を軽減したい方は
ぜひ甘いものを控えた方がいいでしょう。

うつの人が太ってしまう原因(甘いものがうつの原因だった)

また、アルコールも同様です。


アルコールも消費するのに
ビタミンを多く使うため、
うつ病を悪化させることになります。

アルコール依存症の人に
うつ症状が認められるケースは結構多いのです。

できれば、生野菜、肉料理や卵料理、
青魚、根菜など食物繊維が豊富なもの、
納豆やキムチ、ヨーグルトなど酵素が
たっぷり入ったものをしっかり取ることが大切です。


うつ病を治す―セロトニンを増やす食事

ちなみに私のお勧めは
豆乳とバナナで作ったジュースです。

豆乳にはセロトニンの材料となる
トリプトファンが豊富に含まれています。

また、バナナにはビタミンや
ミネラルも含まれています。

そのジュースにオレンジやレモンなど
ビタミンが豊富な果物の果汁を加えると効果的です。



↑ ↑ ↑ ↑ ↑
食事によって、うつ病を
改善するためのプログラムです。

うつ病がなかなか治らない方、
うつ病で困っている家族をお持ちの方、
一度お試しください。


posted by ショウ at | うつ病と薬物療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

うつ病の薬が減らない理由―抗うつ剤の依存のメカニズム


抗うつ薬、抗不安薬を一旦処方すると、
どんどん増えてしまうケースは多々あります。

そして、一旦増えてしまうと
それを減らすのはなかなか容易ではありません。

多剤大量処方に陥ってしまい、
抗うつ剤の依存状態からなかなか抜け出せず、
ずっと心療内科に通い続けている方は実に多いです。


なぜ、増えてしまのか、依存してしまうのか?

このメカニズムは割と簡単に説明できます。

例えば、減らすのが難しい薬剤の一つに
パキシルという抗うつ剤があります。

この薬は、うつ病の他に不安障害や
強迫性障害にも効果のあることで、
よく処方される薬です。

SSRIの仲間で、簡単に言えば、脳内の
セロトニンが取り込まれるのを阻害することで、
神経細胞間のセロトニンを増やし、
それで心の安定を図ろうとするお薬です。

セロトニンが増えれば増える程、
安定の電気信号はスムーズに流れるため、
その分精神的に安定するのです。


しかし、そうなるとセロトニンが
十分にあるわけですから、私たちの身体は

「セロトニンがあるから作らなくても大丈夫」


となるわけです。

そして、セロトニンがどんどん体内で作られなくなり、
最終的に薬だけでセロトニンを
維持しなくてはならなくなります。


つまり、
脳の安定を薬だけで補っている状態です


ジェンガをイメージしてください。
一本抜いたらすぐに崩れてしまう状況です。

これと同じように薬を抜くと、
脳の安定が崩れてしまい、
ガラガラと倒れてしまうのです。

その結果、不安、不眠、落ち込み、
イライラ、吐き気など
様々な症状が出てしまいます。

それが辛いため、
薬が手放せないようになります。

この状態が依存です。

もちろん、抜いて倒れた後は、
また安定するので、
薬を止めてしばらく我慢すれば、
身体がセロトニンを作りだし、
脳が自発的に安定する方向に向かいます。

しかし、それまでの離脱症状の
辛さはかなりのものです。


耐えきれる人はそうそういません。

そのため、依存状態にある人は
ずっと使い続けないといけない状態に
なってしまうのです。

このことをしっかりと知ったうえで、
精神科の薬を服用するように
した方が良いでしょう。

抗うつ剤は確かにうつの症状を
緩和させ、苦痛を和らげます。

極度のうつ症状が出ている人は
どうしても薬に頼った方が良いですし、
症状を緩和している間にゆっくり休養、
落ち着いて状況を振り返ることができます。

薬だけに頼るのではなく、
薬を有効活用していくことが大切です。



当然ですが、実際に多剤大量処方の方、
なかなか薬が減らなくて困っている人もいます。

次回は、そうした方のために、
実際に薬を減らすために有効な方法について
精神科医があまり知らない情報を
お伝えしたいと思います。


posted by ショウ at | うつ病と薬物療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

うつ病とセロトニン仮説(脳の中で起こっていること)


うつの原因の一つとして
「セロトニン仮説」というのがあります。

脳内のセロトニンが減ったために、
うつ症状が生じるというものです。

結構有名な仮説なので
知っている人も多いと思います。

ところでセロトニンとは
何かご存知でしょうか?

セロトニンとは
脳内神経伝達物質の一つです。

脳内神経伝達物質には、

興奮系
抑制系
調整系

の3種類があります。

興奮系とは主に興奮や緊張、
不安、集中力や目覚めなど、
脳を活性化させる作用のある
神経伝達物質
で、ドーパミンや、
アセチルコリン、ノルアドレナリン
などがあります。

抑制系とは
脳の興奮を鎮める作用があり、
GABAが挙げられます。

そしてセロトニンとは
調整系に分類されます。

つまり、セロトニンとは
脳の興奮と抑制のバランスを保つ
働きを持った神経伝達物質
なのです。

そのため、セロトニンが少なくなると、
脳の興奮と抑制のバランスが乱れてしまい、
焦りや集中力低下、イライラ、不安、
食欲減退、目覚めの悪さなど
うつ症状が表れます。


またセロトニンは
メラトニンという睡眠を促す
神経伝達物質を作る材料でもあります。

そのためセロトニンが減少すると
メラトニンも不足するため、
眠ることができにくくなったり、
熟睡できなくなります。

これがうつ病の不眠の原因の一つと
言われている理由でもあります。


以上、簡単ですが
うつ病のセロトニン仮説に
ついてお話しました。
posted by ショウ at | うつ病と薬物療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

多剤大量服用を防ぐために精神科医師に絶対言ってはいけないこと


今回は、うつを治療していく際、
精神科医に絶対に言ってはいけないこと
を一つ紹介したいと思います。

このことは多剤多量処方を防ぐ方法
にもつながると思います。

多剤大量処方は
最初は2〜3種類のお薬が、
気が付いたら数十種類、
何十錠の薬物を処方されてしまうことです。

これは一部のやぶ医者が起こすものではなく、
大抵のクリニックでも多剤大量処方の
状態になっている患者さんは必ずいます。


それくらいありふれた状態です。

もちろん、いろんなお薬の副作用で、
思考も上手く働かず、
仕事に支障が出てしまったり、
寝る前は睡眠薬を10錠飲まないと
寝られない人もいます。

今回のお話は、うつだけでなく、
統合失調症やパニック障害など、
多くの病気の治療にも役立つと思います。

ところで、なぜ多剤大量処方に陥るか
皆さんご存知ですが?

いきなり初診で初めて来た患者さんに
5種類以上の薬物をだす医師は
ほとんどいません。

(もちろん、転院で以前の病院で
たくさんお薬をもらっていた場合は、
それくらい出すケースはあります)

うつであれば、
抗うつ剤を1種類、
睡眠導入剤を1種類、
抗不安剤を1種類程度です。

まあ、胃が荒れている場合は
胃薬がつく場合もあります。

話もほとんど聞かないのに、
それ以上の薬を出す場合は
やぶ医者を疑ってもいいかもしれません。

なぜなら大量の薬を服用すると、
どの薬が効いているのか
わからなくなってしまうからです。


その後は、身体の状態を診ながら
薬を調整していくのですが、
患者さんのある言葉を境にして
状況は一転します。

「先生、最近眠れないんです。
しんどいから薬を増やしてください」

「最近、気分がすぐれないんです。
ちょっと薬を増やしてほしいんです」

「不安が強くなって・・・
頓服で薬もらえませんか?」

これらの言葉に共通しているのが、
しんどいから薬を増やしてほしい
です。

もしくは、「しんどい」という言葉に
反応して医師の方から
「じゃあ、お薬を増やしてみますか?」
と提案してくることがあります。

実はこれが
多剤大量処方につながる入口です。

ここから、徐々に薬が増えていきます。

薬が増えていくにつれ、
減薬は難しくなります。

気が付けば冒頭のように、
薬が何十錠も処方され、
社会生活もままならない状態になります。

精神科の医師に

「しんどいから薬を増やしてほしい」

これは完全にNGワードです。

まず言わないようにしましょう。

逆にこのように聞いてみてください。

「最近しんどいので、
薬を見直してほしい」


医師に今の薬で合っているのか
どうかを見直すように
お願いしてみてください。

お薬を変えるだけで、
症状がぐっと安定することがあります。

もしくは最近の生活を
見直してみるのも一つの方法です。

これだけで多剤大量処方は
かなり予防できると思います。


↑多くの精神医療の現場で
起こっていることを詳細に書かれています。

まさに警告です。

著者は「精神疾患は医療ではなく、
より良い生き方を学んでいくこと」こそ、
本当の治療になると力説しています。

↓また、実際に多剤大量処方に
なっている方はこの情報が
役立つと思います。

多剤大量処方を改善する唯一の方法は
食事の質を変える、
一日のリズムを整えることです。

荒木式のプログラムは
食事療法に焦点を当てています。

薬がなかなか減らない方は
ぜひご覧ください。



【荒木式】うつ病改善プログラム〜薬も心理療法もやめられた画期的な治療法〜
posted by ショウ at | うつ病と薬物療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

うつ病の薬物療法は実際にどのように行われるか


うつ病の治療はまず薬物によって、脳内のセロトニンを安定させることから開始されます。そのために抗うつ剤を処方します。

また脳内のGABAが少ないために不安や焦りなどが表れている場合は、抗不安剤を処方して、心の安定を図ります。

さらに、不眠がある場合は、睡眠導入剤を服用することで入眠を促し、脳内のバランスを促していきます。

医学的には上記の理由で薬を処方するのですが、向精神薬は胃を荒れさせるため、胃薬も処方されることが多いです。


理想的な薬物療法の流れは以下の通りです。

@初診にてうつの診断が出され、抗うつ剤を処方される。
(診断が確定するのに、時間がかかることもあります)
   ↓
A薬を飲む。
(抗うつ剤の効果が出るのに2〜3週間かかることもあります)
   ↓
B薬が効いてきて、徐々にうつ症状が安定してくる。
(ここまでで約半年です)
   ↓
C安定してきたら減薬を行う。
(さらにここからかなりの時間を要します)
   ↓
D減薬が成功し、薬なしでも安定した生活を送ることができる。
   ↓
E薬が必要なくなり終結。


以上が理想的な流れです。
つまり、薬が効いてきたら、徐々に薬を減らし、最終的には薬なしで生活ができる様になれば「一応治った」ということになります。

ただし、これは本当に理想的な流れで、
多くの場合はこのようにスムーズにはいきません。

また治っても、再発防止のために心療内科に毎月通う人もいますし、大体2〜3年以上通う人もいます。中にはどんどん薬が増えてしまい人生を壊してしまう人もいます。

うつ→休職→退職→生活保護という流れになる人も大変多いのです。

この治療の中で主治医との付き合い方を間違えると、途端に大量服薬状態になり、かなりの苦痛を味わうこともあります。

このサイトではうつの治し方以外にも、主治医と上手に付き合う方法も合わせてお伝えしていきたいと思います。
posted by ショウ at | うつ病と薬物療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


オススメのコスメ