スポンサードリンク
   


寛解と治癒の違い



「寛解」と「治癒」

この2つの言葉の意味と違いは
ご存知でしょうか?

精神医学上では、
うつ病は「治癒した」
という言葉は使われません。

「治癒」とは簡単に言えば、
「完全に治った」という意味です。


例を挙げれば、
風邪などは熱も下がり、食欲も上がり、
もう大丈夫という状態になれば
「治癒」という言葉が使われます。

体の中のウイルスや、ばい菌が
駆除された状態だからです。


他にも骨折などの怪我もそうですね。

骨がつながり、歩けるようになれば「治癒」となります。


「寛解」とは簡単に言えば、
「再発の可能性はあるが
現時点では治ったと言ってもイイだろう」
という意味です。


例えば、
白血病などは再発の可能性があるため、
「寛解」という言葉を用います。

癌もそうですね。


そして、うつ病では
再発の可能性があるということで、
精神医学的には「寛解」という言葉を用います。

そういうこともあり、
「うつ病は付き合っていくもの」
「治らないもの」という認識もあります。


ただ、うつ病とは一つは自分の気質や性格と、
環境が全く合わない状態が続いた際に
生じる一種の反応の場合もあります。

自分のことをしっかりと知ることで、
再発をかなり予防できる場合もあります。


また、食事や栄養のバランスから
うつ病を発症する場合もあります。

(実はこの場合が
かなり多いと言われています)

このような場合は、
食事を改善することで
大きな効果が期待できる場合もあります。

また一部の内科医は
「うつ病は食事によって
寛解ではなく治癒まで十分に
持っていくことができる」

という方もいます。


興味ある方は
下記の本が参考になるだろうと思います。



最後まで読んでいただいて
ありがとうございました。


    スポンサードリンク
   

posted by ショウ at | うつ病の診察・治療の流れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


オススメのコスメ