スポンサードリンク
   


スマホ依存が原因のうつ病


うつ病の原因の一つに
実はスマホ依存があるというのを
ご存知でしょうか?

テクノストレスという言葉があるように、
電子機器から出てくる、
電磁波のストレスは体にかなりの影響を及ぼします。

パソコンから生じる身体の不調から
うつ病になる人はけっこ多いものです。


特にスマホは手軽で、
電車の中でも喫茶店でも寝る前でも食事の時でも、
いつでもどこでも使うことが可能です。

つまりそれだけ電子機器に触れる可能性が高いのです。


また、スマホはその手軽さから、
暇さえあればすぐに見ることができます。

すると、スマホを見るために、
身体が前傾姿勢になり、
首の根元に大きな負担になります。


さらにスマホの画面の刺激はかなり強く、
長時間見ているだけで、脳がやられてしまいます



スマホを一日何時間も続けているうちに、
スマホの刺激で脳がやられてしまい、
頭痛や肩こりから身体のだるさを訴える様になります。

それでも毎日スマホを
使い続けてしまうような状況を
スマホ依存」といいます。


多くの人が暇さえあれば、
すぐにスマホをいじってしまうので、
このスマホ依存になっている方は
結構多いんじゃないかと思います。

このスマホからの体調不良が続き、
悪化すると今度はうつ病のような
焦りや落ち込みのような症状が出てきます。


こうなるとスマホうつといううつ病になってしまうのです。

このうつ病は当然ですが、
精神科のお薬は効果はありません。

また、カウンセリングで
解決するようなストレスもないですし、
栄養も関係はありません。

スマホうつを治すにほうは方法は一つです。

それはスマホ依存を治すこと、
つまりスマホを見ないようにすることです。


具体的にはスマホからガラケーに戻す、
使う時間を区切る、
スマホを使わない時間はカバンの中に入れるなど、
スマホから遠ざけることです。

もし、スマホが原因で
うつっぽくなったかなと思った場合は、
スマホうつを疑ってみましょう。


↑ スマホうつについて
わかりやすく書かれた本です。
対処法についても紹介しています。


    スポンサードリンク
   

posted by ショウ at | その他のうつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


    スポンサードリンク
   


オススメのコスメ