スポンサードリンク
   


精神科・心療内科のお薬を減らすには・・・?


精神科・心療内科に通院されている方で、
一番の悩みは「お薬の減らし方」
ではないかと思います。

精神科 お薬 減らすには

しかし、抗うつ剤や睡眠薬、
安定剤と言ったお薬を
減らすことは容易ではありません。


減薬するのに
大体服用してきた時間の
2倍はかかると覚悟はしてください。



だから、10年以上飲んでいた場合は
薬を全部なくすのに20年はかかります。

そして、徐々に徐々に減らしてくことが必要です。

もともとお薬自体が劇薬なので、
一気に飲まないようにすると
悪夢で眠れなくなったり、
情緒不安定になったりと
副作用で身体がボロボロになってしまいます。


お薬を減らしたい場合は、
まず精神科・心療内科の医師に
相談をしてみることが大切です


主治医の了承なしに減らすのは
大変危険なのでしないようにしましょう。


ただ、同じ精神科の医師でも
理論背景が異なる場合があります。

例えば、高齢の医師は多剤大量処方を
主流とすることが多いです。

それに対し若い医師は
少量での処方のトレーニングを
受けていることが多いのです。


また、心療内科の場合、
精神科から開業した医師は
精神薬の減薬のトレーニングを
受けていますが、

内科から開業した医師の場合は
そうしたトレーニングは
不十分であることが多いです。


なので、もし減薬を申し出ても、
主治医が曖昧にごまかそうとする場合は、
転院を考えてみてもいいでしょう。

ちなみに、減薬の場合、栄養療法で
必要な栄養素をサプリメントなどで
摂取することも効果的です。


特に亜鉛と鉄分とビタミンB群のサプリメントと
豆乳の組み合わせはセロトニンを増やすので、
効率よくお薬を減らすこともできます。



ただ、この辺りは専門的な知識が必要なので、
栄養療法を専門にされている医師に
指示を仰ぎながら行うことが必要です。


    スポンサードリンク
   

posted by ショウ at | うつ病と薬物療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


    スポンサードリンク
   


オススメのコスメ