スポンサードリンク
   


うつ病の薬は依存性があるか?


うつ病の薬に依存性が
あるかという不安は
当然の心理だと思います。

「もしかして
一生お薬漬けになるのではないか・・・」
と思ってしまうと、
気分が落ち込んでしまいます。

うつ 薬 依存性

結論を言えば、
うつ病の薬には依存性はあります。

例えば、パキシルというお薬は
依存性は十分あります。

なかなか断薬が難しいお薬の代表例です。

また睡眠薬として使われる
ハルシオンやロヒプノールといった
ベンゾジアゼピン系の抗不安剤は依存性が強く、
簡単に言えば睡眠薬なしでは
眠れなくなってしまう可能性が大変多いです。

特に、何年にも長期間に渡って
服用を続けている場合、
急にやめると禁断症状や副作用が
一気に出てしまい、
社会生活に支障がでてしまうケースもあります。

このようにうつ病のお薬には依存性はあります。

ただ、うつ病を治すためには
お薬の力を借りることは必要ですし、
特にあまりにも眠れない場合は
睡眠薬を服用しないと治るものも治りません。


今は医師の指導にしっかりと従えば、
それほど薬物依存に陥る可能性は低いので、
医師の指示にしっかりと従えば問題はないでしょう。


ただ、医師が患者に説明もなく、
薬を増やした場合は要注意です。

その際に、なぜ増やしたのかを
質問することが大切です。

主治医が曖昧な返事をしたり、
説明をせずに「飲みなさい」と言い続けた場合は、
病院を変えることも視野に入れなければいけません。

あと、お薬を飲む場合、
しっかりと栄養を取ることと、
健康的な生活リズムを維持することは必須です。


風邪薬は安静にしているときに
効果が出るのと同じように、
うつ病のお薬も基本は健康的な生活を
しているときに効果が出ます。

ジャンクフードばかり食べていると、
治らないばかりか、
依存に繋がってしまいます。


うつ病のお薬と上手に
付き合っていくことが大切だと思います。


    スポンサードリンク
   

posted by ショウ at | うつ病と薬物療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


    スポンサードリンク
   


オススメのコスメ