スポンサードリンク
   


カウンセリングの上手な断り方


今回、カウンセラーとして
まず絶対に言わないことを言います。

それは「カウンセリングの上手な断り方」です。

カウンセリング 断り方

うつ病の方は心優しい方が多いです。

心理的な問題から発症する方は、
人の気持ちをしっかり汲もうとされたり、
相手の気持ちに応えないといけないと
思ってらっしゃる方が多いのです。


(だからこそ、うつ病になるまで
頑張ってしまうのですが)

また、そういう人に限らず、
うつ病になっている方は、

人の気持ちや思いに敏感に
なっている方が大変多いのです。

それでいろんな人の思いに振り回されて、
混乱するので、人込みが
苦手になってくるような方もいます。


そんな心優しいうつ病の方が
カウンセリングを受ける時、

「このカウンセラー嫌だなあ」と思っても

そんなことはなかなか言えないものです。

もし「嫌です」と言って、

カウンセラーが「どうして嫌と思ったの?」と

返されると、どう答えていいかわからず
固まってしまいます。


それで次は予約はとるものの、
ドタキャンしてしまって、心の中で

「ああ、自分はなんて失礼なことをしたんだ」

とさらに自己嫌悪になります。


私はクライエントは
カウンセリング受ける権利も、
断る権利もあると思っています



なので、クライエントが
カウンセラーをイヤだと思うのは当然の権利です。


一番いいのは、

「今回で良くなりました。ありがとうございます。」
「ここまで話せて今は自分の足で歩けそうです、
ちょっと自分で考えてみたいと思います。」と

カウンセラーにお礼を伝えましょう。

それで「また何かあったら連絡しますね。」

と伝えて、そのまま帰るのです。


あなたが「無理」と思った瞬間、
このカウンセラーで治るのは難しいでしょう。

自分に合ったカウンセラーを探せばいいだけです。

何も無理して続けたり、
心が折れてドタキャンして自分を責める必要はありません。


ただ、気持ちよく、
円満に終わった方が良いと思うので

しっかりと(嘘でも)お礼は伝えて、
「また連絡する」と言えば、

大抵のカウンセラーは「わかりました」と言うでしょう。


それでも強引にあなたが
納得できないやり方で、
嫌なのを否定するかのように
続けさせるのであれば、
そこのカウンセリングはやめるべきだと思います。


あなたが「このカウンセラーは嫌だ」
「もうやめたい」と感じているのに、

それに気づけないカウンセラーは
同業者としていかがなものかと思うのです。


このブログを読んでいる方が
心から良いカウンセラーとであることを祈っています。


    スポンサードリンク
   

posted by ショウ at | うつ病とカウンセリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


    スポンサードリンク
   


オススメのコスメ