スポンサードリンク
   


うつ病が「治った」はどこで判断するのか?


医師はどこで患者が「治った」と
判断しているのでしょうか?

うつ病は少なくて
3か月から半年ほどかけて
治療されると言われています。

しかし、中には何年も薬を
ずっと服用し続けている人もいます。

うつ病が「治った」という一方で、
「うつ病とは一緒付き合っていくもの」と
半ばあきらめている人もいます。


まず、ここでいう
「うつ病が治る」とはどういうことかを
考えることが大切です。


うつ病というのは、
実は病気のことを指すのではありません。


脳の機能の異常による落ち込みや、
不眠、食欲低下、イライラ、焦り、不安などの
様々な症状のことをまとめて
「うつ病」と指しているに過ぎません。

その症状を、薬物によって
正常に戻していくことが
うつ病の薬物療法の治療です。


そのため、薬物を使って
まずは脳を安定させ、
安定した後に薬物を減らし、
そして薬が全く必要となくなった状態に
なったことで初めて「治療終結」、
つまり「治った」と判断されます。

逆に言えば、
薬が必要な状態が
続いている場合は
「治った」とは言えないのです。


結論を言えば
「薬を飲むことなく、
正常に日常生活が送れる状態」が
うつ病が「治った」状態であると言えます。

うつ病の薬物療法は実際にどのように行われるか

まあ、正確に言えば
「治った」状態ではなく、
「寛解」と呼ばれるものですが、
またこの違いについては
後日お話しできればと思います。

追記:「寛解」と「治癒」の違い

「うつ病が治った」かどうかは
薬がなくてもいつもと変わらず過ごせるかどうか。

まずはこれを基準として
日々に治療を受けられたらと思います。

また、調子が良くなったら
医師と薬を減らしていくことを
話し合うようにすることも大切です。

お勧め情報
うつ バナナ セロトニン
うつ 不眠 アロマ
うつ 休職 カウンセリング

うつ 改善 過ごし方

うつ 栄養 インスタント


    スポンサードリンク
   

posted by ショウ at | うつ病の診察・治療の流れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


    スポンサードリンク
   


オススメのコスメ