スポンサードリンク
   


サバ缶はうつ病に効くのか?


最近、
サバ缶ダイエット
というのが流行っています。

サバ缶に含まれている
EAP(エイコサペンタエン酸)が
痩せるホルモンである
GLP−1というホルモンを分泌し、
それによって血糖値が下がり、
ダイエット効果が生まれるというものです。

サバ うつ病に効く

実は、これはうつ病の治療にも
有効ではないかと思います。

まず血糖値の急上昇を抑えるということは、
低血糖状態を防ぐということにつながり、
低血糖から生じるうつ状態の予防につながります。


低血糖から生じるうつ病

またEPAは魚油で、
魚油に含まれる脂質は
オメガ3脂肪酸と呼ばれます。

これは脳内のシナプスを
作るための材料となります。


つまり脳内を活性化させるために
必要な栄養素となるのです。

そのため、EAPはうつ状態で
「集中できない、やる気が起こらない、
注意が鈍感になった、頭の回転が鈍った」
という症状に対して、
効果のある栄養素だということになります。


そのため、サバ缶を食べること、
もっと正確に言えば青魚を食べる
というのはうつ病にとって
かなり効果が高いといえます。

実際に欧米では、
魚油はうつ病の食事療法でも使われたり、
EPAのサプリメントを処方する医師もいるぐらいです。

ただ、注意点があります。

サバ缶はカロリーが非常に高いため、
毎日食べ続けると確実に肥満になってしまいます。


大体、週に3回くらい食べる程度で、
食べ過ぎないようにした方が良いでしょう。

それよりも青魚の塩焼きや煮物などを
積極的に食べた方が良いかもしれません。


    スポンサードリンク
   

posted by ショウ at | うつ病と食事療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


    スポンサードリンク
   


オススメのコスメ