スポンサードリンク
   


うつ病には糖質制限ダイエットのレシピが有効


うつ病と肥満との関係は、
低血糖の観点から
非常に高いと言われています。

そのため、
うつ病を治したいのであれば、
砂糖や糖質をなるべく除去した食事を
取ることをお勧めします。

甘いお菓子や菓子パン、
インスタントラーメンは
食べない方が良いです。

特に太っている人や
代謝障害のある人は
なるべく食べないように
した方が良いです。


その代わりに
お肉や野菜、豆類などを食べるといいでしょう。

うつ病 糖質制限 レシピ

専門家によっては、
果物は果糖が含まれているため
なるべ摂取しないようにという人もいますが、
果物に含まれているビタミンは
ぜひとも摂取しておきたい物。


そのため、私はヨーグルトと混ぜたり、
豆乳と一緒にミキサーにかけて
ジュースにしたり、
デザートとして食後に食べる等の工夫をお勧めします。



また白米やパンの代わりに
玄米やライ麦パン、全粒粉入りのパンを
取ることをお勧めします。

これらは血糖値が上がりにくい
低GI値食品と呼ばれるものです。

そのため、血糖値の上昇も緩やかで、
その分脳が不安定にはなりにくくなります。

後は漬物はいいですね。

生野菜なので、生きた酵素も摂取しますし、
ビタミンも豊富です。

また青魚に含まれている
魚油はニューロンを生成し、
脳内の神経ネットワークを
円滑にする作用があります。

(ちなみに、ニューロンは
脂質[コレステロール]から作られています)。

また、マーガリンやマヨネーズに
含まれているトランス脂肪酸は
ニューロンの働きを悪くさせるので
摂らないようにするのが吉です。


もし摂るのであれば、
バターやオリーブオイル、
フラックスオイル亜麻仁油を使った
ドレッシングを用いた方が良いでしょう。

日々の食生活を気をつけて、
うつ病を改善していきましょう。






↑医師の中には、肉食中心の食生活を取ることで、うつ病に効果があると説明しています。
荒木先生の断糖食レシピは糖質制限ダイエットのレシピですが、同時にうつ病にも効く栄養も入っています。
うつ病で太っている人は、ぜひこの方法を試していただければと思います。



    スポンサードリンク
   

posted by ショウ at | うつ病と低血糖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


    スポンサードリンク
   


オススメのコスメ