スポンサードリンク
   


うつ病を治す食事〜納豆レシピランキング


うつ病の克服に
納豆はかなり効果的です。

今回は、そんな納豆を使った
レシピを紹介いたします。

ちなみに酵素を効率よくとりたいこと、
ビタミンは熱に弱いことなどから、
なるべく生の状態での摂取を心がけることがコツです。


@ 納豆+キムチ+亜麻仁油

キムチも発酵食品です。

納豆を良くかき混ぜた後にに、
細かく刻んだキムチを混ぜ、
しょうゆと亜麻仁油を入れます。

亜麻仁油は不飽和脂肪酸の中でも
オメガ3と呼ばれる油で、
脳内の神経細胞の生成に
深くかかわっているものです。

現代人では亜麻仁油を
積極にとることを進められているので、
入れるとコクも出て食べごたえも出てきます。

亜麻仁油がない場合は
ごま油での代用もイイですが、
あまり入れすぎないよう注意してください。


A 納豆+野菜のすりおろし

納豆と野菜のすりおろしもお勧めです。

一番は大根とにんじんですね。

ビタミンが豊富で、
しかもすりおろすことで
酵素が一層良く出るようになります。

仕上げにお酢としょうゆと
亜麻仁油を入れるとコクと酸味が効いて、
さっぱりといただけます。


B 納豆+オクラ+キムチ

私の定番のメニューです。

とにかく、食欲がない時はお勧めです。

納豆とオクラのネバネバが
胃腸を整えます。

またネバネバのムチンは
タンパク質を分解するのに役立つため、
体力も補うことができ、
うつ病で弱った体を立て直すのにぴったりです。

オクラは好みで輪切りにするか、
思いっきり刻んでもイイでしょう。

しょうゆとかつおぶしを入れると
風味も出ておいしくいただけます。

以上、私のおすすめメニューですが、
ポイントは生で食べることです。


また、できれば食前に
そのまま食べることで
胃腸を活性化させるため、
さらに効果がアップします。


    スポンサードリンク
   

posted by ショウ at | うつ病と食事療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


    スポンサードリンク
   


オススメのコスメ