スポンサードリンク
   


納豆に含まれている酵素でうつ病が驚くほど良くなる


うつ病に効果的な食べ物の一つとして、
豆乳の他に納豆を上げたいと思います。

納豆は大豆が原材料のため、
トリプトファンが豊富です。

そして、発酵食品なので
酵素が大量に含まれています。

酵素は私たちが取り入れた食べ物を
体の中で分解する働きがあります。


私たちの体は酵素があって
初めて分解され、吸収されるのですが、
体内で生成される量には限りがあり、
できれば食事で酵素を摂取する必要があります。


酵素はタンパク質で作られているため、
加熱すると死滅するという特徴を持っています。

そのため、生の野菜や肉を始め、
ヨーグルト、チーズ、キムチ、
漬物、みそなどの発酵食品に多く含まれています。


これらを効率よく摂取することで、
栄養がスムーズに体の中に入り、
身体の調子が整いやすくなります。


身体の調子が整えば、
セロトニンも生成されやすくなり、
それだけ改善しやすくなるのです。


また、納豆にはムチンという
ぬるぬる成分が含まれており、
これが胃腸の調子を整え、食欲を増進させます。


そのため、食欲がなかなかわかない時でも
納豆は食欲増進と栄養補給の面で
優れているといえるのです。

さらに、その納豆に大根やニンジンなどの野菜を
すりおろして入れることで、セロトニンの生成に
不可欠なビタミンやミネラルを
バランスよく摂取することもできます。


うつ病の治療には発酵食品は大変有効です。

次はうつ病に効く、
納豆レシピをご紹介したいと思います。


    スポンサードリンク
   

posted by ショウ at | うつ病と食事療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


    スポンサードリンク
   


オススメのコスメ