スポンサードリンク
   


うつ病に効果的な豆乳スープのレシピ


うつ病で重症の時は食欲はまずわきません。

ご飯どころかお粥すら喉を通らないでしょう。

入院状態になるようなひどいうつ病になると、
点滴のみの栄養補給になることもあります。

それくらいうつ病になると食欲は低下します。

しかし、だからと言って
何も食べないでいいわけではありません。

食事とうつ病の関係は非常にあります。

うつ病を治したければ、
まずしっかりと栄養を取ることです。



栄養のポイントは
まずはセロトニンンの材料となるトリプトファンです。

トリプトファンが
大量に含まれているのは大豆や豆製品です。

そのため、納豆や豆乳、豆腐、味噌などは
私はうつ病を治す食べ物としてよく勧めています。

食欲が全くわかない時は
豆乳を飲むことをお勧めします。


しかし、豆乳だけを飲むのは結構つらいものがあります。

そこで、食欲が全くない時でも
飲めるような豆乳を使ったスープのレシピ
をご紹介します。

まず

@ 豆乳を100ccに、
  水100ccにコンソメの素を入れた
  コンソメスープを混ぜてください。

  後は塩コショウで味を調えるだけです。

A コンソメスープの代わりに
  かつおだしを100ccでも構いません。
  この場合は塩で味を調えましょう。


@の場合は洋風味に、

Aの場合は和風だしになります。


豆乳が苦手な場合は、
具のない味噌汁でも大丈夫です。

大切なのはトリプトファンが
入っているものを摂取することです。


そのために豆乳は効率よく
摂取することができるため、
うつ病改善にはとてもう効果的な食べ物なのです。

食欲がない場合は、
この豆乳スープをゆっくりと
時間をかけてで構わないので飲みましょう。


最初は200ccの量でも
30分以上かかるかもしれません。

徐々に食欲が出てきたら、
野菜を細かく切っていれて、
徐々に栄養を増やして
摂取していくと良いと思います。



    スポンサードリンク
   

posted by ショウ at | うつ病と食事療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


    スポンサードリンク
   


オススメのコスメ