スポンサードリンク
   


心療内科と精神科の違い―うつ病ならどちらへ行けばいい?


うつ病かと思ったら、
まず病院に行かれる方が大半だと思います。

しかし、どの病院に行けばいいか、
どの科を受診すればいいのかご存知でしょうか?

大抵の方は心療内科の病院を
受診されるとと思います。


その理由として、
心療内科のクリニックが大変多いこと
が挙げられます。

精神科を標榜するクリニックは
あまり見かけません。


ところで、
心療内科と精神科の違いはご存知でしょうか?


心療内科=精神科というイメージが
結構定着していますが本来は違う科です。


精神科とは、本来はうつ病や躁うつ病、
統合失調症など精神病を治療するのが目的の科です。

精神病、つまり脳の病気を
治療する科が精神科と言うことになります。


その一方で心療内科とは、
「心」という字と「内科」という字が
入っています。

心の問題、つまりストレスに起因する
内科的な病気を治療することを目的とした科が
心療内科と言うことになります。


具体的には心因性の頭痛、胃潰瘍、
喘息といった心身症、
それからストレスによって生じた抑うつ状態、
パニック障害などが診療科目として入ります。


しかし、現場としてはそれほど大きな違いはなく、
心療内科でも統合失調症や躁うつ病などの
精神病を見ることもあります。


ちなみに、心療内科が増えた背景として、
まず精神科よりも敷居が低く
気軽に受診がしやすいこと、

またそのために患者さんの数が増え、
収益が増えやすいことが挙げられます。


そのため、精神科のみならず、
内科の医師までもが心療内科を標榜して
クリニックを立ち上げるケースが多々あります。


ここで、問題となるのは
精神科の訓練を受けた医師が
うつ病などの病気を受診に来られた場合は
適切な薬物療法を行えることに対して、

内科の医師の場合では
すぐに薬を増量してしまって
多剤大量処方に陥ってしまうケースが多いということです。


心療内科へ行って、
急に理由も説明せずにたくさんの薬を
処方しようとする医師、
もしくは初めてなのに話をあまり聞かずに
大量に処方してしまう医師の場合は、
その病院の通院を考えた方がよいだろうと思います。


上記の背景を踏まえて、
自分に合った主治医を見つけることが大切だと思います。



    スポンサードリンク
   

posted by ショウ at | 主治医との付き合い方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


    スポンサードリンク
   


オススメのコスメ