スポンサードリンク
   


自律神経とうつ病とクーラー病(クーラー病が原因のうつ)


ここ数日、40度を超えるような酷暑が続きます。

冷たいもの、クーラー、プールが
どうしても恋しくなってしまう時期です。

今回、ちょっと栄養から離れて、
気になった記事を見たので、
それについての私見を書かせていただきます。

参照:冷房病で体調崩す人が急増「うつの原因にもなる」と医学博士

うつ病の原因は環境変化のストレスが
原因であることは有名ですが、
実はクーラーなどの急激な温度変化も
立派なストレスに当たります。


例えば、暑い時は発汗など交感神経が
優位となって体温を下げようとします。

逆に温度が低くなると副交感神経が
優位となり、体温を上げようとします。

これは体の体温調整という面で、
非常に大切な機能です。

しかし、涼しいところと暑いところを
頻繁に往復するとどうなるでしょうか?

交感神経と副交感神経が頻繁に
入れ替わるようになります。


また、それに付随してアドレナリンなど
様々なホルモンが分泌されてしまうため、
副腎などの臓器が疲弊してしまいます。

すると、交感神経と副交感神経の
バランスが乱れてしまいます。

交感神経は活動のための神経、
副交感神経はリラックスを促す神経ですが、
これのバランスが乱れるというため、
疲労感、めまい、不眠、食欲不振、
下痢、便秘など、様々な症状が表れます。

また身体症状だけでなく、
落ち込みやイライラ、焦燥感、
不安なども出てきます。

いわゆる自律神経失調症によるうつ症状です。

(ちなみに、自律神経失調症という病名は
厳密に言えばありません)

これが生じるのが、大抵はお盆明けか、
夏も終わり、自律神経が切り替わる秋口です。

お盆明けなのは、自律神経が不安定な状態で
お盆休みに日常生活のリズムが狂い、
乱れに拍車がかかるためです。

秋に起こるのは、実は自律神経は
秋と春で優位な神経が切り替わります。

秋は気温が下がるため副交感神経が
徐々に優位になってきます。

この時にクーラーで自律神経が不安定だと、
秋になって切り替わるときに、
上手く切り替わらず、乱れてしまうのです。


これが季節で生じるうつ病の原因です。

気温変化の差が自律神経を
疲弊してしまうために起こるのです。

このことは温かい家と寒い外を
往復する冬にも言えます。

こうなってしまうと漢方かお薬を使って
徐々に自律神経の乱れを調節するしか
対処法はなくなってしまいます。

つまり、病院に行かないと
なかなか治らなくなるということです。


できればクーラーを使わないほうがいいのですが、
こう40度を超す毎日では熱中症が今度は怖いですし、
逆に体力を消耗してしまって夏バテを起こしかねません。

できれば、クーラーの設定温度は
28度前後にしておくと良いでしょう。


また、自律神経を安定させるために、
クーラーの効いた場所と暑いところへの往復は
なるべく減らすことがポイントです。

頻繁に出入りをしないようにするだけで、
かなりの効果があると思います。

後は副腎や自律神経の疲労を
回復するためにビタミンC、ビタミンB群、
亜鉛や鉄などのミネラルを摂取することを
お勧めします。


難しい場合はサプリメントでもいいでしょう。

レモンとか、ゆず、夏ミカンなどの果物、
それから緑黄色野菜は上記栄養素が多く含まれています。

サラダをしっかりと食べることが、
クーラー病のうつの予防に効果的です。

そういえばウナギはミネラルがたっぷりなんですね。


江戸時代に平賀源内が土用の丑の日に
ウナギを食べることを提案したと
いわれていますが、これは理に適っています。

また冷たいものの摂り過ぎも
自律神経を乱れさせるので、
なるべくなら飲まないように
したいものです。

身体を温める生姜紅茶がお勧めです。

ぜひ、クーラー病に気を付けて夏を乗り切りましょう。


    スポンサードリンク
   

posted by ショウ at | その他のうつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


    スポンサードリンク
   


オススメのコスメ