スポンサードリンク
   


うつ病の人が転院を考えるとき(こんな医師は転院した方が良い)


ドクターショッピング
という言葉をご存知でしょうか。

次々と病院を転々としてしまう
ことを指します。

精神科・心療内科でも
ドクターショッピングする患者さんは
かなりの存在でいます。

理由は簡単です。

患者さんが主治医をあまり
信頼できなくなるからです。


一昔前まで、
そうした患者については

「やっかいなタイプの患者」
「人と信頼関係が取れないタイプの患者」

として多くの本や論文に
記載されていた時期がありました。

昔の精神科医療では患者は
引っ越しや転勤などの理由がない限り、
転院はしないのが普通と言う認識でした。

ちなみに、

「境界型人格障害は
ドクターショッピングを
しやすいから要注意だ」

ということは精神科医師の間
では有名な話です。

しかし、私はドクターショッピングを
したくなる患者の気持ちもわかります。

例えば、病院にいって医師から
ロクに話も聞いてもらわず、
いきなり薬を何種類も出されたら、

「この人で本当に大丈夫か」

と思いたくもなります。

また、診断も教えず、
病院に行けばいくほど薬が増え、
その都度社会的な日常生活も
困難になっていく場合。


医師に

「今の状態を教えてほしい」
「このままでいいのだろうか」

と疑問に思ったことを正直に言っただけで

「私のことを信用していないのか」
「だから治らないんだ」

と逆に怒られた場合。

上記の例は実際にあります。

もちろん、良い医師に当たって治った方もいる
一方で、上記の医師に当たり、
余計にこじらせたケースは後を絶ちません。

こういった医師に対して、
「大丈夫か?」と身構えてしまったり、
不信感を抱いてしまうのは当然だと思います。


私はカウンセラーですが、
クライエントの話を聴いて
おかしいと思った場合は、
転院について話し合うこともあります。


行けばいくほど症状が悪化するなら、
病院を変えた方が良いと伝えることもあります。

ただ、転院する場合は
本当に慎重に進めた方が良いです。

医師は
なぜこの人は転院したのだろうか?」
「まさか前の病院で問題を起こしたのでは?」
とまずは考えます。

そのため、なぜ自分が転院しようと
決意したのかをしっかりと
意識しておくことが大切です。


また、転院の前に
セカンドオピニオンをすることを勧めます。

精神科セカンドオピニオンの現実と注意点




    スポンサードリンク
   

posted by ショウ at | 主治医との付き合い方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


    スポンサードリンク
   


オススメのコスメ