スポンサードリンク
   


精神科の医師が患者の悩みをあまり聞かない理由とは。


基本、精神科・心療内科の医師は「話を聴いてくれない」と愚痴をこぼす人は結構多いです。

「今、実生活で困っているのに、そのことを相談しても『そうですか』としか言わない!!」
そう怒る人は結構多いものです。



もちろん、医者のスタンスやよって立つ理論によって異なりますが、医者は患者の悩みを聴くことはあまりしません。

精神科の医者の仕事は患者の悩みを解決することではなく、脳内の神経伝達物質の状態を正常に戻すのが本来の仕事です。そのため薬物を使うことで脳の安定を図ります。

確かに精神療法を行いますし、加算も取られますが、それは患者さんにとって脳が安定するため、うつなどの病気を治すためのアドバイスや助言を医学的根拠に基づいて行うことです。

実質たくさん患者さんが来るような売れっ子ドクターでは、患者さんの話をゆっくりと聴く暇はありません。
大抵5分〜10分くらいで診察が終わります。その間に患者さんが納得するまで話を聴くことはかなり難しいです。

そのため、うつを治すのに必要な助言や薬物療法を行うための情報を得ることに焦点を当てて話を聴くのが医者の聴き方です。

例えば、風邪を引いたから内科に行くとします。
医者は、のどの腫れ具合や熱、食欲の有無などの症状を聴いて「急性上気道炎」という診断名を付け、処方箋を出し、治すためのアドバイスをします。
患者さんが最近恋人と振られて落ち込んでいること、仕事がしんどいこと、家族の関係が上手く行っていないことなどは聴こうとはしません。もし患者さんの方から話しかけても「そうですか」と軽く受け流されてしまうことも多いでしょう。
(もちろん、医者のスタンスや関係によっては聴いてくれるのこともありますが)

精神科の医師も基本はこの内科の医者と同じスタンスだと思っていただければと思います。

しかし、不思議なことで精神科の医師は「悩みを聴いてくれる」「今の状況を何とかしてくれる」という認識が結構あります。

その認識と実際の精神科医師のスタンスのズレがさきほどの「話を聴いてくれない」につながっているのではないかと思います。

ちなみにカウンセラーはどうか?
それは続きに回すことにしましょう。



    スポンサードリンク
   

posted by ショウ at | 主治医との付き合い方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
つまり、ちょい敷居の高い薬局のスタッフですね。
Posted by at 2014年11月12日 23:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


    スポンサードリンク
   


オススメのコスメ